人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】スーパーロボット対戦J(GBA)

任天堂 GBA

夏場に急遽発表され9月15日に発売になった『スーパーロボット大戦J』ですが、今回も基本的には今までのスタイルを踏襲した内容となっています。往年のシリーズのファンには安心して遊べる内容になっているのではないでしょうか。

大きな革新が見込めないこのシリーズにおいては登場する作品に大きな興味が行くものですが、シリーズ初登場としてはフルメタル・パニック!、宇宙の騎士テッカマンブレード、死闘暗黒大将軍編のマジンカイザーになっています。携帯機初登場作品としてはゼオライマー、ガンダムSEEDがエントリーしており、だいぶ昔のスパロボと比べると変わった内容になっているのではないでしょうか。

システムとしては詰め将棋のように遊べ、パーツや資金の足しに出来るモードのツメスパロボも充実しており、攻略の鍵になってくるといえます。また、お気に入り作品をプレイヤーが自由に3つ選ぶことが出来て、お気に入り作品の登場ユニットで止めを刺すと資金や経験値に加算があるというシステムも健在です。携帯機向けでここまでこの手のモードが充実したのは初めてではないでしょうか?携帯ゲーム機用スパロボの集大成といえる本作であるといえます。

さて、肝心の難易度ですが、いわゆる「雑魚を吹っ飛ばして爽快感&気力を上げて、精神コマンドでボスをやっつける」これが昔いわれたスパロボでしたが、割とFCやSFCのころのそんなテイストが現れているのではないでしょうか?ただし、敵がバリアに近いものを持っていて、ダメージを軽減する方法が多彩であったり、ドモンの回避率が低く、よけながら大ダメージを与えられなかったり、マジンカイザーが空を飛べなくなっていたりなどの修正が結構加えられ、その辺ではバランスが取られているといえます。

また、Gガンダム系の回避率が低くなったことは上に書きましたが、その上でガンダム系作品がSEEDしか出ないために、リアル系の数的バランスが悪く、若干やりにくいところはあるかもしれません。しかし、GBAならではの楽しみが出来るスパロボとしてぜひ遊んでほしい本作です。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

    Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  2. 「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

    「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

  3. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

    「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  4. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  5. たくさんの「ピカチュウ」がキュートな合皮財布&カバンが登場!海外通販サイトにて

  6. 3DS『ファイアーエムブレムエコーズ』マイニンテンドーストア限定版が1月27日に予約開始

  7. 【レポート】『モンハン ダブルクロス』ハンター新スタイル「レンキン」、ニャンター新スタイル「ビースト」を体験!

  8. 【3DS DL販売ランキング】『マリオブラザーズ3』連続首位、追い上げる『タンクトゥルーパーズ』が5位浮上(1/19)

  9. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」ニンテンドースイッチソフトを一挙紹介! 『スプラトゥーン2』の新要素などに迫る

  10. 『スプラトゥーン2』あの“小さなネコ”はジャッジくんの腹の上がお気に入り!?かわいい映像が公開

アクセスランキングをもっと見る