人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】ロンドニアンゴシックス〜迷宮のロリィタ(NDS)

任天堂 DS

コナミブースのパートナータイトルが並んでいる一角でメガサイバーから10月13日に発売予定のDS向け『ロンドニアンゴシックス〜迷宮のロリィタ』が一台だけ展示してあり、遊べる状態となっていました。配布されていたチラシには「あんたも買わなきゃ 踏み潰すわよ!」というコピーが。それなりに敵を踏み潰す機会はありますが、それを期待したら駄目です。

舞台は19世紀末の大英帝国の帝都・倫敦で、詳しいストーリーは公式サイトなどで読んでもらうとして、ジャンルは「新感覚ゴスロリアクションRPG」となっています。

東京ゲームショウで遊べたバージョンは、執事の居る館を下へ下へと進んでいくような感じでした。1つのフロアには魔方陣がいくつかあり、それを全て踏めば次へと進む為の扉が開きます。迷宮での基本はこれですが、それを妨害する敵が存在します。敵は着ているドレスの特殊能力によって動きを止めたりすることは出来ますが、倒すことはできません。ですから下画面にある「気配センサー」で波形をチェックしながら、敵に会わないように迷宮を散策していきます。

そうした敵を最終的に倒してしまうためには、部屋の中にある「ボアダムン」を破壊する必要があります。敵はキャッチコピーでも分かるように踏みつけて倒します。ただ、そうは言っても、敵と重なった状態で単純にAボタンを連打するだけで、特にアクション的な要素があるわけではありません。普段は倒せない敵をアイテムがあれば倒せるようになるということで、パックマンのような感じも受けます(ただし、画面全体を俯瞰できるわけではありません)。

様々な部品を使ってドレスを剛性していくのもこのゲームのポイントになりそうです。ドレスの材料には素材や型紙などが必要になり、これらは敵を倒した際に手に入るようです。着替えはタッチスクリーンから簡単にでき、ざっと見たところ、それぞれの特殊能力には、雷で敵を痺れさせる、バズーカ砲で敵を吹き飛ばす、水の上も歩けるようになる、近くにランダムでワープ、魔方陣の位置を知る、などがありました。上手く着こなすことが大切です。

操作は簡単ですが、動きには少し不満があります。というのも、滑るように動くので少々遊びにくいのです。どうせ敵と斬り合うアクションではないので、微妙な操作は要求されないのですが、個人的にあまり好きではありません。全体的に見て、特に悪いところもなければ、特に良いところもないといった感じです。どうなんでしょう、そういうゲームが最近は多い気がします。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. 「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

    「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

  3. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

    『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  4. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  5. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  6. スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

  7. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  8. 2017年も『ポケモン』×「カゴメ」のケチャップキャンペーンが開催!「ねぶくろピカチュウぬいぐるみ」などが当たる

  9. 【Wii U DL販売ランキング】3位『スーパーマリオワールド』連続首位、TOP10安定のランク推移(1/16)

  10. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

アクセスランキングをもっと見る