人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2005】DSの開発機も置かれた、メトロワークスブース

ゲームビジネス その他

「Code Warrior」というゲーム開発の為の総合環境を提供しているメトロワークスのブースが初日のビジネスデイだけで設置されていました。ゲーム開発が複雑化すると同時に、複数プラットフォームで提供されることが増えていて、このようなソフトの重要性は高まっています。

メトロワークスは米国の会社ですが、日本でも販促に力を入れていて、ブースには「Code Warrior」を利用して開発された作品が並んでいます。任天堂の『応援団』や『脳を鍛えるDSトレーニング』などもその1つです。「Code Warrior」はプログラムを書いて、それを接続した実機で実行して、そしてバグを取り除いていく作業を一括して行えるソフトで、ブースではニンテンドーDSとゲームキューブ版が実機に繋がれて展示されていました。

もちろん実際にプログラムを変更したりが可能な状態でした。PCの側で実行操作を行うと、コンパイル(書いたプログラムをゲーム機で実行可能な状態にすること)が始まり、繋がれたDSの方でゲームが実行されます。そこにあったのはDSで動いている『ヨッシーストーリー』でした。以前GBAでもありましたが、ニンテンドーDSのSDKにもこのデモが収録されていたようです。綺麗に動いていましたよ。

例えば実行してみると、どこかにバグがあるということが判明した場合は、プログラムを実行する前に、めぼしい場所にブレークポイントを設定しておき、実行した場合にその時点での変数の様子などをチェックするといったこともできます。プログラムをされる方は、マイクロソフトのVisual StudioなどのIDEを思い浮かべて貰えればいいと思います。

もちろん任天堂ハード以外の製品も置かれていました。
《》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  6. 【CEDEC 2014】『ワンピース』を支える「JETエンジン」、ガンバリオンは何故ゲームエンジンを内製するのか?

  7. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  8. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  9. 任天堂元幹部、任天堂の意思決定プロセスについて言及「大胆なアイデアは上まで届かない」

  10. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

アクセスランキングをもっと見る