人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】アイアン・フェザー(NDS)

任天堂 DS

DS『アイアンフェザー』は、ボタンとタッチパネルをフルに使うアクションRPGです。現在『小学三年生』に連載されている同名マンガのゲーム化のようです。

基本的には、2Dゼルダタイプの見下ろし型アクションゲームです。十字キーで移動、A・Bボタンで小攻撃・大攻撃、Xボタンで回避、直後のAで回避攻撃です。ここまでは非常にオーソドックスですが、このゲーム独特のシステムがあります。

一つは、主人公をプレイヤーが動かすほかに、仲間がAIで動き、協力して敵と戦うということです。仲間は3人まで増えるそうで、仲間との「友情度」を高めれば、連携が強くなるという要素もあるようです。

そして、もうひとつは、Yボタンを押すと発動する「スペルドローシステム」です。Yボタンで下画面に「道具」「必殺技」「魔法」「連携」「作戦」の5つのアイコンが表示され、それらをタッチして選択します。たとえば、「必殺技」を選び、必殺技を使うキャラクターを選ぶと、魔方陣を書く画面が出てきます。きちんと魔方陣がかければ必殺技が発動する、という仕掛けです。確認していないので確証はないですが、恐らく「必殺技」以外の選択肢でも、タッチパネルを使用して特殊なアクションを実行するのでしょう。

操作感覚はなかなかよかったです。AIの仲間がかなり強く、勝手に回復もしてもえらえるので、気持ちよくごり押しで剣を振ることが出来ました。スペルドローシステムも、アイデアとしては悪くないようにおもいます。フィールド上をタッチして物を拾う、という操作もあり、DSのタッチパネルもきちんと活用とする姿勢は見えます。ですが、ボタンをフルに使う操作に、さらにタッチパネルを使う操作が入るとなると、かなり煩雑なゲームになってしまうのではないか、ということが不安ではあります。ボタン操作部分のアクションはきちんと完成されており、その部分は非常に気に入りました。

DS『アイアンフェザー』は開発度90パーセント。12月15日発売予定です。
《OKOK》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

    「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

  2. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

    「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  3. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

    Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  4. スイッチ向け『信長の野望・創造 with PK』&『三國志13 with PV』PVが公開

  5. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  6. 【レポート】『モンハン ダブルクロス』ハンター新スタイル「レンキン」、ニャンター新スタイル「ビースト」を体験!

  7. 3DS『ファイアーエムブレムエコーズ』マイニンテンドーストア限定版が1月27日に予約開始

  8. 【3DS DL販売ランキング】『マリオブラザーズ3』連続首位、追い上げる『タンクトゥルーパーズ』が5位浮上(1/19)

  9. 『スプラトゥーン2』あの“小さなネコ”はジャッジくんの腹の上がお気に入り!?かわいい映像が公開

  10. たくさんの「ピカチュウ」がキュートな合皮財布&カバンが登場!海外通販サイトにて

アクセスランキングをもっと見る