人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】このクイズ野郎!!(NDS)

任天堂 DS

DS『このクイズ野郎!!』は、タッチパネルで実際のクイズ番組を再現したような、本格クイズゲームです。東京ゲームショウではストーリーの序盤と思われる部分をプレイすることが出来ました。

・○×クイズ
高校生クイズの最初のような、まさにアレです。タッチパネル上に○×のフィールドが表示され、自分のキャラクターをドラッグして○か×かに動かして解答します。間違えると奈落の底に突き落とされてしまいます。

・グルグルして回答するクイズ
タッチペンでグルグル回して、ライバルよし先にゲージを溜めると解答権が得られるクイズです。解答権を得ると、4択で答を選んだ記憶があります。答がわからなくてもとりあえず解答権を奪いにいきたくなってしまうのは、実際のクイズを体感しているようでした。

・ジグソーパズル
上画面と同じ絵になるように、下の画面のピースを動かしてジグソーパズルを完成させるものです。制限時間が設定されていた記憶がありますが、ある程度長かったと思います。あせると混乱してしまいますが、落ち着いてやっていけば大丈夫でしょう。

・4択早押しクイズ
上画面に問題が、下画面に4つの選択肢が表示されます。ライバルより早く正解をポンとタッチすればOKです。早押しの気持ちよさが再現されている感じです。ここでゲームにあった問題を一つ紹介。
「魚へんをつけて漢字にならないのは次のうちどれ? 」
・春
・夏
・秋
・冬

使用したいキャラクターを選ぶことができ、キャラクターによって「選択肢を減らすことが出来る」といったような特殊能力を利用することが出来る、という要素もあるそうです。


ストーリー部分はいい意味でバカでした。コミカルかつ心地よいテンポで、ユニークな「クイズ野郎」たちによるストーリーが展開します。しかし、クイズ部分はいたって本格的で、きちんとしたクイズらしい問題が並んでいます。タッチパネルによる操作も違和感なく、(ちょっと褒めすぎな表現かもしれませんが)「ウルトラクイズ」や「高校生クイズ」というようなクイズに参加しているような感覚になることができました。どれほどのボリュームなのかはわかりませんが、内容的にはなかなか満足できるものになっているのではないかと感じました。期待できると思います。

DS『このクイズ野郎!!』のの開発度は50パーセント。発売日と価格は未定です。
《OKOK》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

  2. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  3. 【レポート】2D女子高生ホラーゲーム『クリーピング・テラー』で日活が目指したもの

    【レポート】2D女子高生ホラーゲーム『クリーピング・テラー』で日活が目指したもの

  4. ニンテンドースイッチ予約は次々終了―行列待ち実店舗も―これから予約するには?

  5. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  6. ニンテンドースイッチ予約開始…一部通販サイトは今なお繋がりにくい状態続く(追記)

  7. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  8. 松野泰己氏すら覚えていなかったSFC版『タクティクスオウガ』裏コマンドが19年越しで発見される

  9. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  10. 【3DS DL販売ランキング】『マリオブラザーズ3』連続首位、追い上げる『タンクトゥルーパーズ』が5位浮上(1/19)

アクセスランキングをもっと見る