人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】ケロケロ7(NDS)

任天堂 DS

カエルのキャラがスパイとなって悪の組織を倒すアクションゲーム。『ケロケロキング』に居たキャラだと思いますが、詳しくは分かりません。東京ゲームショウではキッズコーナーのバンダイブースにて2台の試遊台が並べられ、最初のミッションを体験することができました。

2Dアクションで、遊べたステージは上へ上へ進んでいくものです。機械仕掛け満載の基地といった場所で、一本道です。横の広さはDSの画面にちょうど収まりきるサイズで、上に行きます。途中にはとおせんぼする障害や敵があるので、タッチパネルを使ったアクションでクリアしていきます。

最初の敵に遭遇すると、下の画面にハンマーの絵が表示されます。ここでタッチペンを一発叩くと敵は何処かに吹っ飛んでいきました。次の敵は、同じ姿をした敵でしたが、今度はその前に黒板があります。下の画面を見ると「ひっかけ」と指示があります。そう、タッチペンをひっかくようにすると、あのイヤ〜な音がして敵はどこかに行ってしまいます。

他には、風車のような仕掛けがあり、ここでマイクに向かって息を吹きかけると、風車が回り、その力で、上から足場が降りていて先に進めるといったものや、巨大なバクダンの敵を倒す場合には、タッチペンをちょうどマッチで火をつけるように動かすと火がついて爆発して倒せる、というようなものがありました。

一番上まで行けばステージクリアです。ハートは3つあり、無くなると死んでしまいます。上に書いたバクダンの敵の爆発に巻き込まれたり、飛び交っている大砲(マリオのキラーみたいな)に当たるとダメージを受けます。ハートを取ると回復します。TGSバージョンでは、タイムが計測されていました。本番でもあるのでしょうか?

『ケロケロ7』は非常に丁寧に作られた作品でした。特に奇をてらうでもなく、タッチスクリーンを何が何でも使おうと無駄に気合が入るでもなく、タッチしたり、引っかいたり、息を吹きかけたりと、今までに使われてきたようなDSの機能を、世界観にきっちり合うように使っている感じです。これといって特徴の無い2Dアクションですが、今時少ないジャンルです。子供向けなデザインですが、中はしっりしているので、機会があれば遊んでみても損はないのではないかと感じました。好感触です。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

    「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

  2. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

    「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  3. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

    Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  4. スイッチ向け『信長の野望・創造 with PK』&『三國志13 with PV』PVが公開

  5. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  6. 【レポート】『モンハン ダブルクロス』ハンター新スタイル「レンキン」、ニャンター新スタイル「ビースト」を体験!

  7. 3DS『ファイアーエムブレムエコーズ』マイニンテンドーストア限定版が1月27日に予約開始

  8. 【3DS DL販売ランキング】『マリオブラザーズ3』連続首位、追い上げる『タンクトゥルーパーズ』が5位浮上(1/19)

  9. 『スプラトゥーン2』あの“小さなネコ”はジャッジくんの腹の上がお気に入り!?かわいい映像が公開

  10. たくさんの「ピカチュウ」がキュートな合皮財布&カバンが登場!海外通販サイトにて

アクセスランキングをもっと見る