人生にゲームをプラスするメディア

マリオ生誕20周年: マリオとの出会い

ゲームビジネス その他

出会いは大半の人と同じで、一本のファミコンソフトから始まりました。単品のゲームソフトとしては世界で一番売れたソフト「スーパーマリオブラザーズ」ここから始まりました。

横に「進む」という概念、地下・海・空中といろいろな場所で冒険を繰り広げられ、そしてお姫様を助けにいくというシチュエーション。また、この世界が絶妙な難易度で作られているのです。

リフトでどうしてもタイミングが取れずに落ちたり、ジュゲムから落ちてくるトゲゾーの攻撃をよけようとして落ちたり、ハンマーブロスに何度も進路を止められたり。最初はもう無理!と思って投げ出しそうになっても、挑戦することによって突破できる。この快感を何度も味わいました。

また、当時は気軽にゲームも買えず一本のゲームで遊ぶ時間が長いため、自然と音楽や世界を覚えてきます。マリオを遊んだことがある人なら、誰でも地下の不気味な音楽、スターをとった時の高揚感覚えているかと思います。

1−1は最初にクリボーがいて、その後にキノコをとり、どかんを3つ飛び越えて…と鮮明に思い出せます。また、このゲームは大勢の人が遊んでおり、20代〜30代の男の人なら大抵盛り上がれます、なぜ盛り上がれるか?大勢の人が遊んでいるのはもちろんのこと、他のソフトには無い、そのソフトにまつわる自分だけのエピソードがあるからです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

    言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

  2. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  3. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

    【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  4. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  5. 最先端の家庭用ゲームへの投資とワンコンテンツ・マルチユースが会社を強くする・・・カプコン辻本春弘社長インタビュー

  6. 今年でコナミ設立40周年、グローバル展開をより推進・・・上月拓也社長

  7. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  8. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  9. プレステ世代のクリエイターと共にソニーIPをモバイルへ―ForwardWorks 川口智基氏に訊く

  10. ゲオ、「PS VR」を10月29日(土)追加販売へ―32店舗で

アクセスランキングをもっと見る