人生にゲームをプラスするメディア

東京ゲームショウ2005出展タイトル第2弾が発表に

ゲームビジネス その他

CESAは16日から開始される東京ゲームショウ2005の出展タイトル&ブース内容の第2弾を公表しました。リリース未解禁分を含め現在までに届出があったのは516タイトルで、過去最高だった2003年の数字を上回っています。

出展タイトルの機種別ではPS2と携帯電話向けが123タイトル、PC向けが95タイトル、DS向けが34タイトル、PSP向けが31タイトル、GBA向けが16タイトル、GC向けが12タイトルXbox向けが11タイトル、Xbox360向けが7タイトル、PS3向けが4タイトルとなっています。

ジャンル別ではアクションが158タイトルと最も多く、次いでRPGが60タイトル、シミュレーションが37タイトル、以下はパズル、アドベンチャー、シューティング、スポーツ、レーシングの順でした。オンラインに対応したのは60タイトルでした。

以下は任天堂機種で出展されるタイトルのリストです。発売日が初公開だと思うものには発売日も付けておきました。


アトラス GBA くにおくん熱血コレクション2
GBA みらくる!ぱんぞう
コーエー DS 三國志DS
DS 真・三國無双DS
コナミ DS パワプロクンポケット8 2005年12月1日
DS 悪魔城ドラキュラ-蒼月の十字架-
DS TAO〜魔物の塔と魔法の卵(仮) 今冬
GBA アニマル横町 〜どき☆どき救出大作戦!の巻〜
GBA 新・ボクらの太陽〜逆襲のサバタ〜
DS アイアン・フェザー 2005年冬
DS コロッケ!DS天空の勇者た
GBA わがまま☆フェアリー ミルモでポン!ドキドキメモリアルパニック
GBA メルヘヴン〜ノッキンオンヘヴンズドア〜
スクウェア・エニックス DS スライムもりもりドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団
セガ DS 赤ちゃんはどこからくるの?
DS ソニック ラッシュ
DS ぷよぷよフィーバー 2 【チュー!】
GC シャドウ・ザ・ヘッジホッ
GBA ガンスタースーパーヒーロー
DS BLEACH DS 蒼天に駆ける運命
インターチャネル DS 七田式トレーニング 右脳鍛錬 ウノタンDS「瞬カン勝負!記憶力」
DS 七田式トレーニング 右脳鍛錬 ウノタンDS「瞬カン勝負!集中力」
DS 七田式トレーニング 右脳鍛錬 ウノタンDS「瞬カン勝負!判断力」
D3パブリッシャー GBA ナイトメア・ビフォア・クリスマス
GC チキン・リトル 2005年冬
GBA チキン・リトル 2005年冬
GC ナルニア国物語 2006年春
DS ナルニア国物語 2006年春
DS SIMPLE DSシリーズ Vol.4 THEブロックくずし
DS SIMPLE DSシリーズ Vol.7 パーティーゲーム
GBA キム・ポッシブル ※キッズコーナー
GBA リロ アンド スティッチ ※キッズコーナー
トミー GC NARUTO-ナルト−激闘忍者大戦!4
GC NARUTO-ナルト−激闘忍者大戦!3
DS NARUTO-ナルト−RPG2 千鳥VS螺旋丸 2005年冬
DS NARUTO-ナルト−最強忍者大結集3 for DS
GC ゾイドフルメタルクラッシュ
DS ゾイドサーガDS 2005年冬
GBA エレメンタルジェレイド
ナムコ DS このクイズ野郎!!(仮称)
バンダイ GBA ふたりはプリキュア マックスハート マジ?マジ!ファイト de IN じゃない
DS たまごっちのプチプチおみせっち
DS 冒険王ビィト ヴァンデル VS バスターズ 2005年11月
DS 焼きたて!!ジャぱん ゲーム1号 頂上決戦!!パンタジック・グランプリ!
DS ドラゴンボールZ 舞空烈戦 2005年末
DS ケロケロ7 2006年1月12日


ちなみに専門学校コーナーでは任天堂も出資するデジタルエンターテインメントアカデミー(DEA)からゲームキューブで制作した『フォトリア』(アクションゲーム)が、トライデントコンピュータ専門学校からもタイトル未定ながらもGCでの作品が展示されます。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

    VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. マイクロソフトがWin10対応のVRヘッドセットを発表―価格は299ドルから

  5. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  6. 【CEDEC 2013】アメリカでゲームを売るには子どもの頃からの「刷り込み」が効果的!? 2K Gamesの小島氏が語る「アメリカのゲームスタジオで働いて学んだこと」

  7. 国内向けは一段落し、いよいよ海外展開のフェーズ! 『出動!美女ポリス』で韓国市場を攻めるGNTの戦略とは?

  8. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  9. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  10. NESもメガドラも携帯機もこれ一台で!レトロハード9種合体互換機「RetroN 5」ついに販売開始

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top