人生にゲームをプラスするメディア

東京ゲームショウのフロアマップが公開に

ゲームビジネス その他

今月16日〜18日(17日・18日が一般公開日)の日程で千葉・幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2005のブースマップが公開されました。今年は過去最多の131社(8月31日現在)が出展を予定しています。


(見辛くてすみません)>


今年最大のブースを構えるのはPS3がお目見えするのではないかと思われるSCE、次いで毎年気合の入った展示をするセガ、統合を前に合同でブースを出すナムコ/バンダイ、Xbox360が体験できるマイクロソフト、という風になっています。

韓国や台湾の各社が揃ったブースやロシアやウクライナの企業もブースを出すなど国際色豊かになっています。しかし去年までは出展していた世界最大のエレクトロニック・アーツが居ないのは片手落ちの感があります。

Nintendo INSIDEでは3日間に渡って展示会場から最新のレポートをお届けする予定です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

    劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  2. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

    『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  3. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  4. 「PlayStation VR」3月末より一部店舗と通販サイトで追加販売へ

  5. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

  6. 【CEDEC 2014】注目される子供のプログラミング学習、その現状と課題とは?

  7. ゲーム機は何を特徴にすればいいのか? Kinectを標準搭載から外したマイクロソフトの思惑

  8. バンダイナムコ、大型VR施設「VR ZONE Shinjuku」を期間限定オープン!

  9. 【CEDEC 2014】ゲーム開発のノウハウを応用すれば、面白さと学習効果を合わせ持ったシリアスゲームを開発できる

  10. スクエニxマーベルの「アベンジャーズ」プロジェクトが海外発表!―複数のゲームを開発

アクセスランキングをもっと見る