人生にゲームをプラスするメディア

『マリオカート アーケードグランプリ』がJAMMAに出展、ムービー公開

ゲームビジネス その他

ナムコは本日9月1日〜3日まで開催されている第43回アミューズメントマシンショー(JAMMA)にて今秋稼動予定の『マリオカート アーケードグランプリ』を出展しています。IGNにてそのインプレッションとムービーが公開されていますので簡単に紹介します。

JAMMAバージョンりデモでは「グランプリ」と「タイムアタック」の2つのモードが楽しめ、「グランプリ」はマリオカップ、ドンキーコングカップ、ワリオカップ、パックマンカップ、そして隠しカップが用意されていたようです。それぞれ4コースが含まれ、合計24コースです。

基本は今までのマリオカートシリーズと変わりませんが、GC版のように二人乗りではありません。操作はハンドルで行いますがかなり良好のようで「これをやるとコントローラーには戻れない」とIGNは書いています。アクセルを一瞬ぐっと踏み込むことで小ジャンプが可能だそうです。

アイテムはハンドルの中央にある四角のボタンで決定して、アイテムを持った状態だとボタンが青く光るので押すと使用します。今回遊んだ限りでは赤甲羅を発見できなかったそうですが、普通の甲羅でも発射する際は、近くのライバルの方向を向いて発射されるそうなので、今回は登場しないのかもしれません。

コースはGC版と比較するとカーブや障害などが少な目の直線的なものになっているようです。

画面の雰囲気はこれまでのシリーズと良く似ていて、ゲームキューブ版よりも綺麗で美しいグラフィックとなっているようです。全体として、とても楽しいゲームに仕上がっていて、「ゲームセンターに遊びに行く価値がある」としています。IGNではムービーが4種類公開されているので是非ご覧下さい。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

    【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  2. HTC、SIE、バンナムなどVR先進企業が業界を語る―「VRサミット in 秋葉原」3月25日開催

    HTC、SIE、バンナムなどVR先進企業が業界を語る―「VRサミット in 秋葉原」3月25日開催

  3. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

    任天堂ミュージアムに行ってきました!

  4. バンダイナムコ、大型VR施設「VR ZONE Shinjuku」を期間限定オープン!

  5. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  6. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

  7. 成熟する日本のゲーム開発者コミュニティ・・・CEDECとDiGRA JAPANとIGDA日本、3者の方向性と役割の違いをキーマン三人が語る

  8. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  9. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  10. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

アクセスランキングをもっと見る