人生にゲームをプラスするメディア

アタリがHumongous Entertainmentを親会社に売却

ゲームビジネス その他

経営不振に陥っている米国のパブリッシャーのアタリは、同社の子会社で開発会社のHumongous Entertainmentを、親会社の仏インフォグラムスに1030万ドルで売却したことを明らかにしました。売却益は当面の運転資金や新作の開発費用に当てると見られます。

Humongous Entertainmentは「バックヤード」ブランドのスポーツゲームの開発元として知られています。アタリは今後数年間の、Humongousの作品に対する権利を保留しているようです。

アタリはカリフォルニアとマサチューセッツの開発スタジオを閉鎖するなど合理化を進めています。

「会社の経営を効率化し、コスト管理を徹底する一方で、大衆にもコアゲーマーにも受け入れられる高品質のタイトルの開発に取り組んでいきます。この売却はホリデーシーズンに向けて最高のタイトルを作り、更に新作を開発していく資源を私達に与えるでしょう」とアタリ会長のBruno Bonnell氏は述べています。

アタリはゲーム市場を作ったメーカーとして有名ですが、現在のアタリには直接の繋がりは無く、フランスのインフォグラムスが権利を取得してブランドをアタリと変更したものです。フランスの親会社を除く全世界のグループがアタリを社名として用いています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

    ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  5. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  6. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  7. 【DEVELOPER'S TALK】"プラチナ"クラスの作品が完成~渾身のクライマックスアクション『ベヨネッタ』を手掛けたプラチナゲームズを直撃

  8. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  9. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  10. カプコン、TGS2016のイベント情報第2弾を公開―恒例のゾンビシューティングレンジも!

アクセスランキングをもっと見る