人生にゲームをプラスするメディア

アタリがHumongous Entertainmentを親会社に売却

ゲームビジネス その他

経営不振に陥っている米国のパブリッシャーのアタリは、同社の子会社で開発会社のHumongous Entertainmentを、親会社の仏インフォグラムスに1030万ドルで売却したことを明らかにしました。売却益は当面の運転資金や新作の開発費用に当てると見られます。

Humongous Entertainmentは「バックヤード」ブランドのスポーツゲームの開発元として知られています。アタリは今後数年間の、Humongousの作品に対する権利を保留しているようです。

アタリはカリフォルニアとマサチューセッツの開発スタジオを閉鎖するなど合理化を進めています。

「会社の経営を効率化し、コスト管理を徹底する一方で、大衆にもコアゲーマーにも受け入れられる高品質のタイトルの開発に取り組んでいきます。この売却はホリデーシーズンに向けて最高のタイトルを作り、更に新作を開発していく資源を私達に与えるでしょう」とアタリ会長のBruno Bonnell氏は述べています。

アタリはゲーム市場を作ったメーカーとして有名ですが、現在のアタリには直接の繋がりは無く、フランスのインフォグラムスが権利を取得してブランドをアタリと変更したものです。フランスの親会社を除く全世界のグループがアタリを社名として用いています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 任天堂元幹部、任天堂の意思決定プロセスについて言及「大胆なアイデアは上まで届かない」

    任天堂元幹部、任天堂の意思決定プロセスについて言及「大胆なアイデアは上まで届かない」

  3. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

    ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  4. 技術と企画の幸運な出会い・・・NHN JapanとCRIのコラボレーション『倉木麻衣★ムービーパズル』

  5. ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

  6. 【BitSummit】ValveによるSteam基調講演、Steamと開発者の利益配分などリアルな質問も

  7. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  10. UDKショウケース:竹中工務店・・・「Unreal Japan News」第28回

アクセスランキングをもっと見る