人生にゲームをプラスするメディア

欧州任天堂・柴田社長「携帯ゲーム機市場は50%以上拡大」

ゲームビジネス その他

任天堂オブヨーロッパの柴田聡社長は昨夜開催したクリスマスラインナップの発表会の席で、2005年末までに欧州で300万台、英国だけで100万台のニンテンドーDS販売を達成したいと話しました。また柴田氏は、欧州で携帯ゲームビジネスは50%の成長を実現するだろうと述べました。

柴田氏はまず日本や世界中でニンテンドーDSが好調なセールスを続けていることを謳い上げました。「私達は年末までにヨーロッパ全域で300万台、英国だけで100万台のニンテンドーDSを売りたいと考えています。GBASPやミクロの助力も得て、英国での携帯ゲームビジネスは50%の成長を実現するでしょう」

英国任天堂のDavid Yarnton氏は続けます。「1月〜7月の任天堂の携帯ゲーム機の売上は91%も上昇しました。小売店が悲観的な見通しをしていたにも関わらず。これは前年の約2倍の規模です。英国で売れたハードの38パーセントは任天堂の携帯機です。ファーストとサードをあわせたソフト売上は2億5000万ポンドにも達するでしょう」

来週にはPSPが欧州で発売されますが、それに関しては次のように話しています。「私達は15年間に渡って携帯ゲーム機市場のオーナーでしたが、決してこれに安住して今までの成功のみに甘んじるつもりはありません。私達は携帯型のゲームを生み出しました。まだ引越しをして明け渡す予定はありません」

2人ともホリデーシーズンに発売されるタイトルとして『Nintendogs』の重要性を語りました。

柴田氏は「日本での『Nintendogs』の発売はソフトとハードの両方でPSPに2〜3倍の差を付けた決定打でした。また購入者の40%は女性で、私達が言っている市場を拡大することの明瞭さを実感することができました。また人々のゲームに対する鋭い感覚も知ることができました」
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

    ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  5. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  6. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  9. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  10. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

アクセスランキングをもっと見る