人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックスがタイトーを買収へ

ゲームビジネス その他

『ファイナルファンタジー』、『ドラゴンクエスト』シリーズで知られるスクウェア・エニックスが『電車でGO!』、『イース』、『パズルボブル』、『バトルギア』等を擁するタイトーを合併・子会社化することが決まりました。

本日開催されました株式会社スクウェア・エニックスの取締役会において株式会社タイトーの株式を公開買い付けにより取得することが正式に決議されました。一方の株式会社タイトー側はその公開買付に賛同の意を示しており、これによってスクウェア・エニックスの完全子会社化します。

スクウェア・エニックス側は本合併について「事業領域の面で相互補完関係」にある、と説明していますが、今後スクウェア・エニックスブランド製品のアーケード分野進出があるのか、等今後の二社の可能性を活かした具体的な方針については一切明らかになっておりません。

スクウェア・エニックスとタイトーはこの件に関して午後6時から記者会見を行うとのこと。

タイトーはユダヤ系ロシア人で貿易商のミハエル・コーガン氏によって、1953年に設立された台東貿易が前身で、日本初となるウォッカの輸入や機械のレンタル業などを営みました。ジュークボックスの輸入・販売も行い、1978年に登場した『スペースインベーダー』は社会現象となりました。ミハエル・コーガン氏が亡くなった後、京セラの稲盛氏に経営が託され、大株主となっていました。現在はアミューズメント施設、カラオケ事業、ゲームソフト販売、携帯コンテンツなどが主要業務となっています。
《織機 綺音》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

    【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

  2. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  3. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

    劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  4. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  5. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  6. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  7. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  8. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  9. 「PlayStation VR」3月末より一部店舗と通販サイトで追加販売へ

  10. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

アクセスランキングをもっと見る