人生にゲームをプラスするメディア

「ゲームボーイ・ミクロ」は米国では100ドル? 「Popular Science」の噂

任天堂 GBA

Advanced Mediaによれば米国の雑誌「Popular Science」の最新号に「ゲームボーイ・ミクロ」の価格が100ドルになるという記述があったそうです。現在のところ任天堂はこれについて何もコメントをしていません。雑誌のスキャンはこちら

米国では今、GBASPが79.99ドルで販売されていて、ニンテンドーDSは149.99ドルですが、129.99ドルに値下げされるという噂があります。もし「ゲームボーイ・ミクロ」が100ドルという設定がされるなら、20ドル区切りでキリがいい値段ということにはなりそうです。

「ゲームボーイ・ミクロ」は過去最小のサイズになりますが、素材も良質な物を使っていて、値段はそれなりの価格になるとされています。どの程度の価格で販売されるようになるんでしょうね?
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

    ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

  4. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  5. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  6. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  7. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  8. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  9. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る