人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーDSのゲーム開発費用は1タイトル平均3700万円

ゲームビジネス その他

海外サイトを中心に、CESAがプラットフォーム別の開発費用を公表したと掲載されていて、調べてみるとCESAゲーム白書にその数字が載ってました。サンプル数が少ないので何とも言えませんが、機種別ではニンテンドーDSが最も開発費用が安くて済むようです。


2004年 2003年 2002年 対象タイトル数
ゲームキューブ 90 38 72 11
ゲームボーイアドバンス 53 32 25 47
ニンテンドーDS 37 - - 3
プレイステーション2 96 39 59 194
プレイステーション 80 5 14 1
PSP 90 - - 6
Xbox 202 22 35 13
ドリームキャスト 25 18 48 2


タイトル数は2004年のものです。この資料は回答があった28社の各プラットフォーム別の開発費用をタイトル数で割った平均です。2004年1月〜12月に発売されたタイトルが対象となっています。廉価版も含まれているとのこと。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

    【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

  2. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

    【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  3. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  4. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  5. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  6. 【レポート】「VR元年に何が起こったのか?」―SIE吉田修平氏、新清士氏らパネルで語る

  7. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  8. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  9. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  10. 『シェンムー3』Kickstarterに新拡張ゴール、「白沙」「鳥舞」「白鹿村」3つのエリアにフォーカス

アクセスランキングをもっと見る