人生にゲームをプラスするメディア

『キラー7』のレーティングもAOにすべき、とフロリダ州の弁護士

任天堂 GC

先日、テイク・ツーの『Grand Theft Auto: San Andreas』に性的描写の入ったミニゲームが入っていたとして、米国のゲーム格付けであるESRBのレーティングがM(17歳以上)からAO(18歳以上)に変更されました。この問題で、活躍したフロリダの弁護士Jack Thompson氏が、今度はGCやPS2で発売された『キラー7』のレーティングもAOに変更するように求めています。

Jack Thompson氏がESRB議長のPatricia Vance氏や上院議員のSenator Hilary Clinton氏、Senator Joseph Lieberman氏らに宛てたメールでは、同ゲームが暴力や性的な表現を多く含んでいるとして、レーティングをMからAOに変更するように働きかけています。MとAOは1歳の違いしかありませんが、主要なチェーンはAOのゲームを取り扱っていないという事情があります。

このメールでは、IGNが掲載したレビューの中で、このレーティングがMであることに疑問を呈した部分が引用されています。これに対してIGNは、レビューにあるように「本格的な性描写」が多くあるというのは一般的な映画などと比べた場合はそうかもしれないが、決して画面上で直接表現されるものではなく、間接的に示唆されるもので、映画であればPG-13か最悪でもRのレーティングにしかならないものだと反論しています。

この件に関してカプコンやESRBはコメントを出していません。
《土本学》

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  3. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

    『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  4. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  5. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  6. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  7. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  10. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

アクセスランキングをもっと見る