人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が2005年度第一四半期の業績を発表

ゲームビジネス その他

任天堂は2005年7月28日に4月1日〜6月31日の2005年度3月期第1四半期の業績を発表しました。

それによれば売上高706億8400万円、営業利益37億5400万円、経常利益213億8600万円、純利益は141億1500万円でした。第1四半期は基本的に需要の少ない時期であること、販売の中心がハードであったこと、研究開発費が増加したことなどから本業のもうけを示す営業利益は低い水準に留まりました。

セグメント別の売上高ではハードが358億8800万円、ソフトが343億2100万円、トランプ・カルタなどが4億7400万円でした。

販売数量ではGBA(含SP)のハードが98万台、ソフトが1167万本、ニンテンドーDSのハードが138万台、ソフトが532万本、ゲームキューブのハードが26万台、ソフトが431万本でした。DSのハードは累計で665万台となり、ソフトは1582万本となりました。

尚、通期の業績予想に変更はありません。気になる所では連結対象に一社追加されたようですが、何かありましたっけ?
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. コナミ、新社長に上月拓也氏・・・上月景正氏は会長に専念

    コナミ、新社長に上月拓也氏・・・上月景正氏は会長に専念

  2. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

    【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

  3. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  4. 2016年アプリ収益ランキング発表―国内からバンナム/スクエニ等ランクイン

  5. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

  6. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  7. スマホゲームはブラックオーシャン、挑戦者の一人として戦う・・・ガンホー・オンライン・エンターテイメント森下一喜社長

  8. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  9. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  10. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

アクセスランキングをもっと見る