人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が2005年度第一四半期の業績を発表

ゲームビジネス その他

任天堂は2005年7月28日に4月1日〜6月31日の2005年度3月期第1四半期の業績を発表しました。

それによれば売上高706億8400万円、営業利益37億5400万円、経常利益213億8600万円、純利益は141億1500万円でした。第1四半期は基本的に需要の少ない時期であること、販売の中心がハードであったこと、研究開発費が増加したことなどから本業のもうけを示す営業利益は低い水準に留まりました。

セグメント別の売上高ではハードが358億8800万円、ソフトが343億2100万円、トランプ・カルタなどが4億7400万円でした。

販売数量ではGBA(含SP)のハードが98万台、ソフトが1167万本、ニンテンドーDSのハードが138万台、ソフトが532万本、ゲームキューブのハードが26万台、ソフトが431万本でした。DSのハードは累計で665万台となり、ソフトは1582万本となりました。

尚、通期の業績予想に変更はありません。気になる所では連結対象に一社追加されたようですが、何かありましたっけ?
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

    【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  2. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

    任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

  3. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

  6. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  7. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  8. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  9. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  10. スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入

アクセスランキングをもっと見る