人生にゲームをプラスするメディア

イリノイ州での販売制限にESAなどが取り消しを求めて訴訟

ゲームビジネス その他

米国イリノイ州が暴力や性的表現のあるゲームの販売やレンタル等を禁止するイリノイHB4023を制定したことに対してビデオゲームの業界団体のESA、Video Software Dealers Associationと小売業者の団体Illinois Retail Merchants Associationはこれを違憲として差し止めを求める訴訟を起こしました。

「この法律は言論の自由を水を差し、曖昧な法律の下でどんなゲームが制限されるのか知り得ないイリノイの住民やゲーム開発者や小売店に対して合衆国憲法修正一条(表現の自由)を制限するものです。しかし私達は法廷が我々の立場を支持すると確信しています」とESAのDouglas Lowenstein会長は述べています。

「今日、政治は小売や顧客の修正憲法一条の権利を切りました。しかしながら私達は自信があります。法廷はこの権利を確認するでしょう。知事が検閲を行うことはメディアの人気を集めるかもしれませんが、親が子供が遊ぶゲームに注意することにはつながりません。法律で所有を禁じるのではなく、州政府は小売店やゲーム業界と協力して、親が格付けを利用するよう呼びかける努力をするべきです」Video Software Dealers AssociationのBo Andersen代表は述べました。

「明白に違憲なものを通そうとすることに市民の税金が費やされるのは不幸なことです。これは税金や時間を無駄に浪費することに他なりません。政治家にとってはいいかもしれませんが、誰の生活も豊かにするものではありません」とLowenstein会長は話しています。

米国では多くの州でゲームの販売を一部規制する条例が制定されていますが、今回のケースと同様にゲーム業界はゲームも芸術・音楽・映画など他のメディアと同様に表現の自由で保護されると訴訟を行っていて、ワシントン、インディアナポリス、セントルイスなどで違憲や差し止め判決が出ています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  6. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  9. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  10. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

アクセスランキングをもっと見る