人生にゲームをプラスするメディア

アクレイムが復活?

ゲームビジネス その他

連邦破産法チャプターー7を申請して昨年7月に破産したゲームパブリッシャーのアクレイムが復活するかもしれません。裁判所への提出書類によれば投資会社のCentral Investment Holdings Llcがアクレイムの管財人との間で、10万ドルで「アクレイム」の社名を取得することで基本合意したようです。

またアクレイムが保有していた「Dave Mirra Freestyle BMX」と「ATV Quad Power Racing 2」の権利もパブリッシャーのCrave Entertainmentに計12万ドルで売却する方針のようで、名前とゲームタイトルのどちらも、より高値での提示が無ければ数週間以内に売却が決定する見込みです。

Central Investment Holdingsがアクレイムの名称を取得して何を行おうとしているのかは不明ですが、裁判所の提出書類のコンタクト先にはアクティビジョンの元幹部で、現在は金融関係ソフトを販売しているeMindの最高経営責任者を務めているHoward Marks氏の名前が記載されていたそうです。

アクレイムは破産時に1800万ドルの負債を抱えていて、Glen Coveの元本社ビル(875万ドル)、コミックへの権利(72万ドル)、未完成ゲーム(25万ドル)等の売却を行ってきました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

    VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. プレステ世代のクリエイターと共にソニーIPをモバイルへ―ForwardWorks 川口智基氏に訊く

    プレステ世代のクリエイターと共にソニーIPをモバイルへ―ForwardWorks 川口智基氏に訊く

  4. 【TGS2016】『バイオハザード』と「L'Arc-en-Ciel」夢の融合!S.T.A.R.S.隊員hydeをVRで堪能

  5. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

  6. スクエニ・時田氏が全国で登壇!ヒューマンアカデミーが「ゲーム企画体験&産学連携オープンキャンパス」を開催

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

  9. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  10. 脳波を測定して“好みの女の子”を自動選択してくれるVRデートコンテンツ誕生

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top