人生にゲームをプラスするメディア

CESAが「2005CESAゲーム白書」を刊行

ゲームビジネス その他

CESA(社団法人コンピュータエンタテインメント協会)は毎年発行しているゲーム業界の年次報告の最新版「2005CESAゲーム白書」を刊行しました。また同時に「CESAネットワークゲーム&携帯電話ゲームコンテンツユーザー調査報告書・第二集〜2005年春調査」も刊行しています。

「ゲーム白書」では今年でCESAが10周年を迎えることもあって「CESAのあゆみ」や世界のゲーム関連団体の地図等が設けられています。また「ゲーム初心者講座」として簡単なゲーム業界の入門や用語の説明、社会見学等で行っているゲーム業界に関する問題、調査・研究の為のガイドなどが新たに掲載されています。

データ編では、2004年のハードの出荷額は4684億円、ソフトの出荷額は4407億円で、両方を合わせた国内市場規模は4361億円、国内ゲーム産業規模は9091億円でした。有料ネットワークゲームの市場規模は165億円でした。

ミリオンセラーを達成したタイトル(出荷ベース)は『ドラゴンクエストVIII(360万本)』、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁(165)』、『ワールドサッカーウイニングイレブン8(112)』、『実践パチスロ必勝法!北斗の拳(100)』、『戦国無双(107)』、『ポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーン(272)』、『ポケットモンスターエメラルド(152)』の7タイトルでした。

「ゲーム白書」は通信販売等で入手できます。

(おまけ:ゲーム関連教育機関卒業者のゲーム業界就職率が4.6%という衝撃(周知の?)の事実・・・ただしこ設問の回答率は18.4%)
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

    劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  2. HTC、SIE、バンナムなどVR先進企業が業界を語る―「VRサミット in 秋葉原」3月25日開催

    HTC、SIE、バンナムなどVR先進企業が業界を語る―「VRサミット in 秋葉原」3月25日開催

  3. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

    ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  4. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  5. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  6. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  7. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  8. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  9. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  10. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

アクセスランキングをもっと見る