人生にゲームをプラスするメディア

CESAが「2005CESAゲーム白書」を刊行

ゲームビジネス その他

CESA(社団法人コンピュータエンタテインメント協会)は毎年発行しているゲーム業界の年次報告の最新版「2005CESAゲーム白書」を刊行しました。また同時に「CESAネットワークゲーム&携帯電話ゲームコンテンツユーザー調査報告書・第二集〜2005年春調査」も刊行しています。

「ゲーム白書」では今年でCESAが10周年を迎えることもあって「CESAのあゆみ」や世界のゲーム関連団体の地図等が設けられています。また「ゲーム初心者講座」として簡単なゲーム業界の入門や用語の説明、社会見学等で行っているゲーム業界に関する問題、調査・研究の為のガイドなどが新たに掲載されています。

データ編では、2004年のハードの出荷額は4684億円、ソフトの出荷額は4407億円で、両方を合わせた国内市場規模は4361億円、国内ゲーム産業規模は9091億円でした。有料ネットワークゲームの市場規模は165億円でした。

ミリオンセラーを達成したタイトル(出荷ベース)は『ドラゴンクエストVIII(360万本)』、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁(165)』、『ワールドサッカーウイニングイレブン8(112)』、『実践パチスロ必勝法!北斗の拳(100)』、『戦国無双(107)』、『ポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーン(272)』、『ポケットモンスターエメラルド(152)』の7タイトルでした。

「ゲーム白書」は通信販売等で入手できます。

(おまけ:ゲーム関連教育機関卒業者のゲーム業界就職率が4.6%という衝撃(周知の?)の事実・・・ただしこ設問の回答率は18.4%)
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  4. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. DeNAはエンジニアが働きやすい!? 人材採用にみる同社の社風とは

  7. 【GDC 2009】サンフランシスコのゲームショップ巡り

  8. コーエーテクモHD、平成28年3月期第3四半期決算を発表 ― 発売延期の影響で売上高前年比減も6期連続増益

  9. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  10. 【レポート】Cygames、エンジニア採用セミナーで最前線の開発環境や取り組み語る

アクセスランキングをもっと見る