人生にゲームをプラスするメディア

「ミュウと波導の勇者ルカリオ」が前作を超える好調なスタート

ゲームビジネス その他

興行通信社によれば、16日に封切られた映画ポケットモンスター最新作「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者ルカリオ」が「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」に次ぐ初週2位で、動員数・興行収入いずれも昨年の前作を上回るスタートを切ったようです。

「ミュウと波導の勇者ルカリオ」はミュウの引換券が付いた前売り券がシリーズ最高の165万枚以上(前年比106%)の売上を達成して、初週の成績は動員724,964人、興行収入766,849,650円、昨年対比動員103.1%、興収103.2%となり、昨年の最終興収43.8億円を上回る勢いを見せています。

ポケモン人気は完全に定着しましたね。8月4日発売の『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』にも期待がかかります。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

    【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  2. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

    【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  3. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

    【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  4. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  5. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  6. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  7. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  8. 名タイトルで知るFPSの歴史(1)

  9. 「ゲームはいよいよ普遍的な存在になる」角川ゲームス安田氏が語るゲーム業界の2030年

  10. 980円の折り畳み式スマホ用VRヘッドセットが登場…メガネOK、タッチ操作も可能

アクセスランキングをもっと見る

page top