人生にゲームをプラスするメディア

EIEF 2005のイベント内容が決定―任天堂タイトルのプレミアも

ゲームビジネス その他

8月10日からイギリスのエジンバラで開催されるEdinburgh Interactive Entertainment Festival 2005のイベント内容が明らかになりました。全8タイトルのワールドプレミアと21タイトルのスクリーニングが行われます。

任天堂タイトルでワールドプレミアが予定されているのは『ゼルダの伝説』、『Nintendogs』、『Battalion Wars』の3タイトルで、前2作品は任天堂オブヨーロッパのプロダクト・アナライシス&オンラインのヘッドのMarko Hein氏が、『Battallion Wars』は開発元の英国KujuからMark Washbrook氏とAndy Trowers氏がプレゼンターを務めます。

この他のイベント予定はリンク先をご覧下さい。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  4. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  5. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  6. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  7. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  8. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  9. “ビットサミットの父”ジェームズ・ミルキーが日本のインディーシーンを語る

  10. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

アクセスランキングをもっと見る