人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の最近の商標登録 (2)

ゲームビジネス その他

暫く紹介してなかったので最近の任天堂の商標登録を紹介します。

注目されるのは『ドレッド / DREAD』です。E3の直前に米国のゲーム雑誌GameInformerは『メトロイドドレッド』というタイトルを掲載しましたが結局E3には出展されませんでした。しかしこの登録は他のE3タイトル(「Super Mario Strikers」や「Screwbreaker」など)と共に登録されていて、実際には開発されている可能性があります。

そのほか、任天堂らしくない言葉が並んでいますが、大半(*)はE3でも展示されていた『デジタイリッシュ・シリーズ』のゲーム名のようです。ミクロの展示コーナーにあったので、ゲームボーイミクロの発売に合わせて登場ということになるでしょう。IGNでそれらのムービーを鑑賞することができます。

・COLORIS / カラリス*
・T-TYPO / テイタイポ
・DIALHEX / ダイヤルヘックス*
・NEOPONG / ネオポング*
・SNEAKOUT / スニークアウト
・SWIMWORM / スイムウオーム
・DOTLINER / ドットライナー*
・SOJOURNER / ソジャーナー
・DIGIDRIVE / デジドライブ*
・dotstream /ドットストリーム
・Soundvoyager / サウンドボイジャー
・ドレッド / DREAD
・DIGITYLISH / デジタイリッシュ*

(情報提供Thanks)
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  5. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  6. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  7. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  8. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  9. カプコン人気クリエイターが語る『モンスターハンタークロス』流ゲーム開発術

  10. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

アクセスランキングをもっと見る