人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が今年もKフェスに出展決定

ゲームビジネス その他

「コミックボンボン」や「少年マガジン」などを発刊している講談社が毎年夏に開催しているフェア、Kフェスに今年も任天堂が出展することが明らかになりました。一昨年に『メトロイド』の連載がボンボンに掲載されて以来3年連続ということになります。

出展タイトルは未だ明らかにされていませんが、近いうちに発表されるでしょう。任天堂以外の出展社は次の通り。

・エポック社
・エンスカイ
・コナミ
・GP・GATE
・シュガシュガルーン
・セイカ
・セガ
・SCE
・タイトー
・タカラ
・チェルト
・トミー
・ナムコ
・バンダイ
・バンプレスト
・マーベラスエンターテイメント

Kフェス2005(講談社スーパーキャラクターフェスティバル2005)は7月16日・17日の両日に幕張メッセで開催されます。入場は無料です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  2. ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

    ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  5. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  6. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  7. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  8. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  9. 小島秀夫氏、「The Game Awards 2016」でIndustry Icon Award受賞へ

  10. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

アクセスランキングをもっと見る