人生にゲームをプラスするメディア

NOM7月号は『のののパズル』と『ちびロボ』スタッフインタビュー

ゲームビジネス その他

任天堂公式サイトで連載されている任天堂オンラインマガジンの7月号が公開されました。今回は発売されたばかりの『のののパズル ちゃいリアン』の開発元のクリーチャーズと『ちびロボ』の開発元のスキップの開発スタッフへのインタビューとなっています。

『のののパズル ちゃいリアン』のクリーチャーズはGBC『ちっちゃいエイリアン』以来久しぶりのオリジナルタイトルの制作となりました。2年以上前から温められてきたアイデアだったそうです。ちなみに同社は今年で設立10周年だそうで、「今後もクリーチャーズらしいもの=ちょっと変かも?て事なのですが、そうゆうものを世に出していきたいと思っています」とのこと。

『ちびロボ』のスキップは『ギフトピア』の開発元でもあります。今回の作品は当初はバンダイのプロジェクトでしたが、「キャラクター以外は全て変わった」という大変動を経て今回世の中に出ることになったそうです。開発には4年かかったとのこと。「コンセプトのスキップ vs 手触りの任天堂」で中々大変だったというような事が話されています。

余り関係ない話ですが、『のののパズル』にバンプール(元ラブデリック/スキップもそう)が関わっていないかと推測してます。スタッフリストがある方はちょっと確認して欲しい所です。勘違いかもしれませんが。。。どちらにしても任天堂とバンプールがちょっと一緒に何かしたのは間違いないハズ。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

    VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

  3. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

    グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. マイクロソフトがWin10対応のVRヘッドセットを発表―価格は299ドルから

  6. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

  7. コーエーテクモゲームス組織変更…『戦国無双』鯉沼久史が社長、襟川陽一が会長に

  8. 『テトリス』や『ドンキーコング』の作曲家が逝去、ゲーム音楽業界に大きな貢献残す

  9. ソニックファンの少年、ハリネズミを飼う権利を勝ち取る

  10. 【CEDEC 2013】アメリカでゲームを売るには子どもの頃からの「刷り込み」が効果的!? 2K Gamesの小島氏が語る「アメリカのゲームスタジオで働いて学んだこと」

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top