人生にゲームをプラスするメディア

有害ソフト、未成年への販売を自主規制へ

ゲームビジネス その他

任天堂・SCE・マイクロソフトなどの主要メーカーが、未成年へのゲームソフトの販売を自主規制を考えているという記事が毎日新聞にありました。18歳以上推奨のゲームを購入する際に身分証の提示を求めるなどの案が検討されています。

神奈川県の青少年保護条例による『GTA3』の有害図書の指定が背景にあるようです。

犯罪とゲームの関連性は昔から議論になっていますが、そういった外部からのゲーム業界への圧力を軽減するためにも、ハードメーカーが自主的に規制をする事を行うのは良いことかもしれません。ハードメーカーによる方向性が決まるまで、もう少し時間がかかるかとは思いますが、今後の推移が気になる話題です。
《りゅか》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. イマジニア、連結子会社であるロケットカンパニーを吸収合併 ─ 『メダロット』の版権はイマジニアに集約

    イマジニア、連結子会社であるロケットカンパニーを吸収合併 ─ 『メダロット』の版権はイマジニアに集約

  3. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

    任天堂ミュージアムに行ってきました!

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

  6. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  7. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

  8. いまゲーム業界で求められる人材とは?・・・テクノブレーンに聞く「できるエンジニア」の転職条件

  9. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  10. 『ワンダーボーイ』や『モンスターワールド』のウエストンビットが破産・・・「時代の終わりを感じた」との声も

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top