人生にゲームをプラスするメディア

有害ソフト、未成年への販売を自主規制へ

ゲームビジネス その他

任天堂・SCE・マイクロソフトなどの主要メーカーが、未成年へのゲームソフトの販売を自主規制を考えているという記事が毎日新聞にありました。18歳以上推奨のゲームを購入する際に身分証の提示を求めるなどの案が検討されています。

神奈川県の青少年保護条例による『GTA3』の有害図書の指定が背景にあるようです。

犯罪とゲームの関連性は昔から議論になっていますが、そういった外部からのゲーム業界への圧力を軽減するためにも、ハードメーカーが自主的に規制をする事を行うのは良いことかもしれません。ハードメーカーによる方向性が決まるまで、もう少し時間がかかるかとは思いますが、今後の推移が気になる話題です。
《りゅか》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  4. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  5. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. DeNAはエンジニアが働きやすい!? 人材採用にみる同社の社風とは

  8. 【GDC 2009】サンフランシスコのゲームショップ巡り

  9. コーエーテクモHD、平成28年3月期第3四半期決算を発表 ― 発売延期の影響で売上高前年比減も6期連続増益

  10. 【レポート】Cygames、エンジニア採用セミナーで最前線の開発環境や取り組み語る

アクセスランキングをもっと見る