人生にゲームをプラスするメディア

【月刊ニンテンドーゲームフロント】 『のののパズルちゃいリアン』レポート

ゲームビジネス その他

息切れしてきた「月刊ニンテンドーゲームフロント」の第3回です。今回は、今回新しく展示された6月16日発売のGBA『のののパズル ちゃいリアン』のプレイレポートをお送りします。

展示ソフトリスト(展示期間:2005年5月21日〜6月24日)
(太字が今月新しく出展されたソフト)

ニンテンドーDS
・『タッチ!カービィ』
・『役満DS』
・『NARUTO−ナルト−最強忍者大結集3 for DS』
・『ボンバーマン』
『東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』
『がんばれゴエモン 東海道中 大江戸天狗り返しの巻』

ニンテンドーゲームキューブ
・『ドンキーコング3 食べ放題!春もぎたて50曲』
・『ONE PIECE グラバト!RUSH』
・『金色のガッシュベル!!友情タッグバトル2』
・『NBAストリートV3 マリオでダンク』

ゲームボーイアドバンス
・『ぶらぶらドンキー』
・『プレイやん』
『のののパズル ちゃいリアン』
『甲虫王者ムシキング〜グレイテストチャンピオンへの道〜』

ソフトレポート
ゲームボーイアドバンス『のののパズル ちゃいリアン』


このゲームは、「2×2のパネルを右回り、あるいは左回りに位置を回転させる」という操作でプレイするゲームです(操作方法は、公式サイトをご覧になったほうがわかりやすいと思いますので、そちらを参照ください)。この操作方法をベースに、3つの異なるゲームモードが入っています。

・くるくるレンジ
単純明快、くるくる動かすことで、制限時間内に物を穴に落っことすゲームです。これ以上でも以下でもありません。延々と穴に落としていくだけです。イメージ的には、『メイドインワリオ』の1つのプチゲームをスコアアタックしているイメージ、といえばわかりやすいでしょうか。プレイしていくとレベルやスピードが上がっていくようで、そこもまた『メイドインワリオ』と同じに見えます。
印象としては、とっつきやすいがずっとプレイするにはつらそうだな、という感じでした。1ミスでゲームオーバーになるというのも、(4ミスでゲームオーバーになる『メイドインワリオ』のイメージが強くて)どうなのかなあと思ってしまいました。このゲーム独特の「くるくるさせる」操作に慣れるために用意したような、残りの2モードのためのおまけという印象が強いです。

・くるくるウォーク
「ウォーカ」というキャラクターが歩いていけるように、パネルを動かして道を作っていきます。Rボタンでダッシュさせる事もできます。ミスをするまで延々と歩かせていく「エンドレス」(難易度分けあり)、ステージを順番にクリアしていく「めんクリ」といったモードが用意されています。
おもに「めんクリ」をプレイしましたが、結構頭を使うゲームです。「めんクリ」にはクリアタイムも表示されるので、一度クリアした後もタイムアタックで遊べそうです。ステージ中にも、周りのパネルを壊してしまうバクダンや、うまく隔離しないと当たってミスになる敵キャラクター、ダッシュして通過しないととすぐ壊れてミスになるパネルなどがありました。小品ながらなかなかやりこめるゲームモードではないでしょうか。

・くるパチ6
3つのモードのうちメインといえるのはどれか、といわれたらこの「くるパチ6」です。操作方法のユニークさを生かしたパズルゲームとなっています。
数字パネルを、その数字以上の数だけ並べる(「3」なら3個以上並べる)と、そのパネルの数字がプラス1されます(3が4に、4が5に)。「6」を6つ以上並べると消えます。連鎖ももちろんあります。「アクティブ連鎖」というようなもので、どこかを並べてパネルが変化したりパネルが消えていく最中に、さらにパネルを動かして連鎖を続けていくことができます。
ゲームモードには時間内にハイスコアを狙う「タイムアタック」や、決められた回数まわすだけですべてを消す「パズル」、1カードリッジモードも可能な「対戦」など一通りそろっています。基本的にどんどん連鎖をつなげることが要求されるので、先へ先へとすばやく思考を巡らせていかなければならなりません。「パズル」モードも、序盤の問題はまだ楽ですが、難易度が上がると相当頭を使っても糸口がつかめないほど。パズルゲームとして上手く完成されていて、パズルゲームをやりなれた人がプレイしても、やりこみに耐える内容であると感じました。むしろ、パズルゲーム好きこそハマれるモードといえるかもしれません。

全体的には、暇なときにちょこちょこやれる、小ぶりなゲーム集という印象です。おすすめは「くるパチ6」。パズルゲーム好きにも満足できる一品になっていると思います。GBA『のののパズルちゃいリアン』は、6月16日発売で、価格は3800円(税込)となっています。
《OKOK》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  2. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  3. 【グリーカンファレンス2012】海外進出の鍵となる広告戦略、『Zombie Jombie』も積極的に活用

    【グリーカンファレンス2012】海外進出の鍵となる広告戦略、『Zombie Jombie』も積極的に活用

  4. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  5. 【CEDEC 2008】PixelJunk Edenにおける植物制御に関する技術解説

  6. 任天堂デザインの純金トランプを三菱マテリアルが発売

  7. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  8. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  9. 【CEDEC 2014】リアルタイムの立体音響も実現間近? ゲームサウンドの次

  10. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

アクセスランキングをもっと見る