人生にゲームをプラスするメディア

バンダイから『マダガスカル』が3機種で発売決定

ゲームビジネス その他

8月に松竹・東急系で公開予定のドリームワークス制作の映画「マダガスカル」を題材にしたゲームがゲームキューブ、ニンテンドーDS、ゲームボーイアドバンスで8月11日にバンダイから発売されることが決定しました。価格は全て5040円となっています。

ゲームではライオンのAlex、シマウマのMarty、カバのGloria、キリンのMelmanなど映画に登場する主要キャラクターとなり、ニューヨークの街や危険な島・マダガスカルを冒険する、映画から繋がるストーリーを楽しむことができます。各キャラはそれぞれ特徴があり、ゲームをクリアするにはそれらをマスターしていかなくてはなりません。11のステージからなり、様々なミニゲームも用意されています。

海外ではアクティビジョンから既に発売中です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. サイバーエージェント、VR関連事業を行う子会社VR Agentを設立

    サイバーエージェント、VR関連事業を行う子会社VR Agentを設立

  3. ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

    ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

  4. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  6. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  7. ゲオ、「PS VR」を10月29日(土)追加販売へ―32店舗で

  8. UBI、単独イベント「UBIDAY2016」を11月開催!『ウォッチドッグス2』や『フォーオナー』出展

  9. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  10. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top