人生にゲームをプラスするメディア

CESAが2004年の国内産業規模を発表、ソフトは上向き

ゲームビジネス その他

CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は2004年1月〜12月の国内ゲーム産業に関する市場規模・出荷金額等を発表しました。それによれば全体の金額はハードの落ち込みによって縮小したものの、ソフトウェアでは国内・海外共に増加に転じました。

ソフトウェアとハードウェアを合わせたゲーム産業の市場規模は9091億円で、2003年の1兆1344億円と大幅に縮小しました。これはゲームキューブやプレイステーション2などの現行機種の売上が低下したことが要因だと考えられます。

ソフトウェアの出荷金額は4684億円(前年は4299億円)で、内訳は国内が2358億円(2306億円)、海外が2358億円(1993億円)でいずれも前年を上回る結果となりました。2004年は大作ソフトがそろって発売を迎えたことと、年末に発売された携帯ゲーム機が要因だと考えられます。

ハードウェアの市場規模は4407億円でした。国内は1089億円(1184億円)、海外は3318億円(5861億円)で特に海外で価格の引き下げによって単価が下落したことが主な要因だと思われます。年末のニンテンドーDS等は1ヶ月間のみの集計となっています。

以上から国内ゲーム産業の出荷額は国内向けが4361億円、海外向けが4730億円となり、主戦場は海外となっていることが分かります。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

    【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  4. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. DeNAはエンジニアが働きやすい!? 人材採用にみる同社の社風とは

  7. 【GDC 2009】サンフランシスコのゲームショップ巡り

  8. コーエーテクモHD、平成28年3月期第3四半期決算を発表 ― 発売延期の影響で売上高前年比減も6期連続増益

  9. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  10. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

アクセスランキングをもっと見る