人生にゲームをプラスするメディア

【Ninten Records】 Metroid Prime & Fusion Original Soundtracks

任天堂 GC

同時期に発売されたGCのメトロイドプライムとGBAのメトロイドフュージョンのサントラが二枚セットで発売されました。



Metroid Prime Side



GCの音楽をそのままCD一枚に収録しましたという感じのサントラです。



基本的にはアンビエントでサムスの孤独感を煽るような無機質な楽曲が多いですが、旋律自体は非常にキャッチーでメロディアスな物が多くターロンIVに住み着く原生生物の息吹を感じられるような雰囲気があります。



BGMに徹しつつもそのメロディーやリズムはしっかりと耳に残っているというゲーム音楽としてはかなり理想的な完成度でできあがっているため、曲だけ単体で取り出しても非常に魅力的なメロディーや雰囲気を楽しめます。
CMに使われていたテーマ曲が耳から離れない人も結構多いのではないでしょうか?もちろんアンビエントだけにステージの雰囲気やなんかもかなりの空気感で再現してくれます。



聞き流して良し、聞き込んで良しの非常にオススメな一枚です。



Metroid Fusion Side



こちらはGBAの曲とオープニングテーマのアレンジ版が収録されています。



メトロイドシリーズの中でも抜群の焦燥感をほこるフュージョンは、そのサントラもやはり非常に焦燥感を感じる一枚に仕上がっています。ただテンポの速いボス戦や脱出BGMだけに頼らず、嵐の前の静けさを表すような「環境音」なども収録されて良く構成され、より独特の雰囲気を際立たせています。



さすがにGBAの曲そのままなので音質が良いとは言えませんが、どの曲も中々凝ったつくりで聞き飽きません。



ゲームのところどころで使われた「環境音」は、曲になりきらないような短いトラックで構成されていますが、ゲームと同様盛り上げてくれるのに一役買っています。このあたりはやりこんだ人なら思わずにやりとしてしまいます。



「X」という未知のウィルスの奇怪さを表現するテクノ部分と、サムスの孤独な心象を表現するオーケストラ部分が非常に良くマッチし、過去のメトロイドと比べて音楽的にも特殊で独特な物になっています。いままでのシリーズには無かったオリジナル曲も多く、システムだけでなく音楽面でも今までのメトロイドと違うもの追求していたのが伺えます。



フュージョン自体が音楽を非常に印象的に使うゲームだったので、一度でもクリアしたことある人は思い出しながら楽しんで聴けると思います。



プライム盤とのセット販売なのでメトロイドファンならば買って損はありません。特にフュージョン盤はアルバム通して聴くことを強くお勧めします。



Prime


































































































































































































Noタイトル時間Noタイトル時間
1タイトル21ターロンオーバーワールド
2メニューセレクト22チョウゾエルダー大聖堂
3.プロローグ23VS.チョウゾゴースト
4フリゲートオルフェオン24アイスバレイ(フェンドラナ地底湖エリア)
5VS.パラサイトクイーン25墜落船フリゲートオルフェオン
6フリゲートオルフェオン脱出26フェイゾンマインズ
7惑星ターロン427フェイゾンエリア
8チョウゾ古代遺跡28VS.オメガパイレーツ
9VS.ハイブトーテム29アーティファクト神殿
10VS.ジャイアントビートル30VS.メタリドリー
11チョウゾルーインズ31アーティファクト神殿~(チョウゾウの封印解除)
12エネルギーコア32インパクトクレーター
13VS.フラーグラ33VS.メトロイドプライム(スパイダー)
14ラヴァケイブス(バーニングトレイル)34VS.メトロイドプライム(ヘッド)
15ラヴァケイブス35神殿崩落~エピローグ
16アイスバレイ36エンディングスタッフロール
17アイスチャペル37エンドジングル
18スペースパイレーツ(ラボラトリーゲート)38レコード・オブ・サムス
19VS.スペースパイレーツ39サムス登場ジングル
20VS.サーダス40アイテム取得ジングル



Fusion
























































































































































































Noタイトル時間Noタイトル時間
1メトロイドフュージョン(アレンジバージョン)20VS.ボクス
2タイトル21セクター6(NOC)暗闇エリア
3セクター1(SRX)SR388再現エリア22SA-X出現
4環境音(静寂1)23セクター5(ARC)低温地帯エリア
5環境音(緊張)24セクター3緊急事態発生
6環境音(衝撃)25セクター3冷却装置回復タイマーミッション
7巨大生命反応へ向かえ26環境音(陰謀)
8対決前緊張27VS.鳥人像第一形態
9VS.マルカラ28VS.ナイトメア
10X侵入発覚29セクター4(AQA)水中エリア
11ナビゲーションルーム30VS.ネオリドリー
12VS.コアX,鳥人像第二形態31最終指令
13環境音(不穏)32VS.SA-X
14セクター2(TRO)熱帯エリア33ステーション脱出タイマーミッション
15VS.ザザビー,バリアコアX34エピローグ
16環境音(静寂2)35エンディング
17セクター4(AQA)水位制御エリア36登場ジングル
18VS.イシュタル,ゲドゥ37アイテム取得ジングル
19セクター3(PYR)高温地帯エリア
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

    『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  3. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

    『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  4. スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

  5. 2017年も『ポケモン』×「カゴメ」のケチャップキャンペーンが開催!「ねぶくろピカチュウぬいぐるみ」などが当たる

  6. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

  7. 『スーパーマリオ オデッセイ』新アクション「帽子投げ」もお披露目! 開発者が語るステージ映像が公開

  8. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  9. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  10. 宮本茂が語る『スーパーマリオ オデッセイ』への思い ─ 本作は“ガッツリ遊べるアクション”に

アクセスランキングをもっと見る