人生にゲームをプラスするメディア

アクティビジョンが『ファンタスティック・フォー』のBeenoxを買収

ゲームビジネス その他

アクティビジョンはカナダ・ケベック州に本拠地を置くデベロッパーBeenox, Inc.を買収したと発表しました。32人の従業員はそのままで、アクティビジョンの完全子会社となります。ケベックは北米地域の中で成長を続けるゲーム開発拠点として注目されています。

Beenoxとアクティビジョンは2003年以降、『シュレック2』・『トニーホークプロスケーター アンダーグラウンド 2』のタイトルを共に開発して今年には『ファンタスティック・フォー』が発売される予定です。同社はマルチプラットフォームを推進する技術に長けていて、ケベック政府が優秀な企業を表彰する「Innovative Enterprise of the Year」を受賞したこともあります。

アクティビジョン・ワールドワイドパブリッシングのKathy Vrabeck氏は「私達はBeenoxがもたらす非常な才能に興奮しています。Beenoxの大きな開発リソースは私達を次世代機向けの開発に集中させることを可能にするでしょう。また拡大するケベックでの将来の機会を与えてくれるものです」と述べました。
《土本学》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

    【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  2. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  3. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

    『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  4. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  5. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  6. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  7. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  8. 「Oculus Rift」DRM機能からハードウェアチェックが削除…今後も使用しないと明言

  9. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  10. Unreal Engineを使ったスクウェア・エニックスの業務用向け『超速変形ジャイロゼッター』の開発

アクセスランキングをもっと見る