人生にゲームをプラスするメディア

CBSがE3を切る

ゲームビジネス その他

米3大ネットワークのCBSの2人のコラムニストが今年のE3を切っています。ちょっと面白かったので一部を紹介します。GamingAgeでも結構賛同意見が多かったようです。ハイビジョンで言えば、サポートするのは結構なことではありますがそれを売りにされても困るという所でしょうか。

・何人かのアナリストは私に今回のE3は最高であったし、最悪のE3でもあったと言った。まあ全体的に言えば、それは失望を誘う内容だった。最も大きいのは、期待するようなゲームが一つも展示されなかったことで、とにかく今回は現行機種の為のショーではなかったようだ。

・恐らく今回のエキスポはハードの為のものだったのだろう。例えば、ゲーム開発者は最初のXboxの僅かばかりをようやくかじったばかりだったのに、突然、マイクロソフトの幽霊のようなビッグブラザー「Xbox360」でゲームを作るように命じられたんだ。そして次のような戸惑いを提供してくれる、、、

・ソニーとマイクロソフトのカンファレンスに出席すると、まるで自分がハイビジョンテレビを持ってない世界で唯一の人間かと勘違いさせられる。特にソニーはデュアルでサポートして、遠くに行ってしまうようだ。これがXbox360やPS3をニンテンドーDSより高い値段で売れる巨人ハードにするのだろうか。タッチスクリーンも持ってないのに。

・ああ、E3パーティの何たる退廃と堕落か。多くがゲーム業界のパーティが10年前から、映画業界や音楽業界と同じような腐った凡人の集まりに堕落していることに気付いている。10年後はどうなっているのだろうか?

・ゲーム業界は一人前と受け止められていると信じているらしいが、それは違う。彼らゲーム開発者とパブリッシャーは金儲けと成熟は異なる事を勉強すべきだ。そんな金儲けから私達が得たのはMTVスペシャル(Xbox360のデビュー)とビジネスマンがどのようにゲーマーを見ているか、という理解だけだ。

・もしゲーム業界が大人のテーブルに着きたいのなら、スピード狂の若者のような行動は辞めて大人の振る舞いをすることだ。セックスや暴力ばかりに固執しているのでは語り継がれるような体験は届けられない。そのような妄想にいつまでも付き合うのは、自らの幼稚性を叫んでいるようなものだ。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

    【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  3. サイバーエージェント、VR関連事業を行う子会社VR Agentを設立

    サイバーエージェント、VR関連事業を行う子会社VR Agentを設立

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. 小島秀夫氏、「The Game Awards 2016」でIndustry Icon Award受賞へ

  8. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  9. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  10. 日本オンラインゲーム協会、“ガチャ”などに関する新たなガイドラインを公表 ─ 2016年4月から施行

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top