人生にゲームをプラスするメディア

1UPベスト・オブ・E3アワード発表、『ゼルダの伝説』がGotS

ゲームビジネス その他

雑誌「Electronic Gaming Monthly」や「Official U.S. Playstation Magazine」・「Computer Gaming World」などを出版し、ゲームサイト「1UP.COM」を運営する米Ziff Davis Mediaは4誌合同で実施した1UPベスト・オブ・E3アワードを発表しました。

2005年末に発売が予定され大きな期待を集める『ゼルダの伝説〜黄昏の姫(国内タイトル不明)』がゲーム・オブ・ザ・ショウ(大賞に相当)など3部門を制しました。任天堂タイトルとしては『ニンテンドッグス』がベストシミュレーションゲーム部門、『エレクトロプランクトン』がオリジナルゲーム部門を獲得しました。

プラットフォーム・ベスト
・GC ゼルダの伝説〜黄昏の姫(任天堂)
・PS2 大神(カプコン)
・Xbox Half-Life2(ビベンディ)
・Xbox360 Gears of War(マイクロソフト)
・PC Spore(エレクトロニック・アーツ)
・DS マリオカートDS(任天堂)
・GBA ガンスター・スーパー・ヒーローズ(セガ)
・PSP SOCOM(SCE)
・モバイル Rifts(N-Gage)

各部門賞
・アクション スタークラフトゴースト(GC/ビベンディ)
・アドベンチャー ゼルダの伝説〜黄昏の姫(GC/任天堂)
・シューティング Black(PS2/Xbox/エレクトロニック・アーツ)
・レーシング マリオカートDS(任天堂)
・RPG ドラゴンクエスト8(PS2/スクウェア・エニックス)
・シミュレーション ニンテンドッグス(DS/任天堂)
・ストラテジー Star Wars: Empire at War (PS2/ルーカスアーツ)
・ファイティング ソウルキャリバー3 (PS2/ナムコ)

その他・大賞
・ビジュアル アンリアルトーナメント2007 (ミッドウェイ)
・トレイラー メタルギアソリッド4 (PS3/コナミ)
・オリジナル エレクトロプランクトン(DS/任天堂)
・ゲーム・オブ・ザ・ショウ ゼルダの伝説〜黄昏の姫(GC/任天堂)

今年は日本勢が頑張りましたね。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  6. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  7. 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

  8. 世界最大級の格闘ゲーム大会「EVO」日本開催決定!詳細はTGS2016で公開

  9. 『スーパーロボット大戦』『魔装機神』のウィンキーソフトが倒産 ― 2000年頃からヒット作に恵まれず

  10. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

アクセスランキングをもっと見る