人生にゲームをプラスするメディア

1UPベスト・オブ・E3アワード発表、『ゼルダの伝説』がGotS

ゲームビジネス その他

雑誌「Electronic Gaming Monthly」や「Official U.S. Playstation Magazine」・「Computer Gaming World」などを出版し、ゲームサイト「1UP.COM」を運営する米Ziff Davis Mediaは4誌合同で実施した1UPベスト・オブ・E3アワードを発表しました。

2005年末に発売が予定され大きな期待を集める『ゼルダの伝説〜黄昏の姫(国内タイトル不明)』がゲーム・オブ・ザ・ショウ(大賞に相当)など3部門を制しました。任天堂タイトルとしては『ニンテンドッグス』がベストシミュレーションゲーム部門、『エレクトロプランクトン』がオリジナルゲーム部門を獲得しました。

プラットフォーム・ベスト
・GC ゼルダの伝説〜黄昏の姫(任天堂)
・PS2 大神(カプコン)
・Xbox Half-Life2(ビベンディ)
・Xbox360 Gears of War(マイクロソフト)
・PC Spore(エレクトロニック・アーツ)
・DS マリオカートDS(任天堂)
・GBA ガンスター・スーパー・ヒーローズ(セガ)
・PSP SOCOM(SCE)
・モバイル Rifts(N-Gage)

各部門賞
・アクション スタークラフトゴースト(GC/ビベンディ)
・アドベンチャー ゼルダの伝説〜黄昏の姫(GC/任天堂)
・シューティング Black(PS2/Xbox/エレクトロニック・アーツ)
・レーシング マリオカートDS(任天堂)
・RPG ドラゴンクエスト8(PS2/スクウェア・エニックス)
・シミュレーション ニンテンドッグス(DS/任天堂)
・ストラテジー Star Wars: Empire at War (PS2/ルーカスアーツ)
・ファイティング ソウルキャリバー3 (PS2/ナムコ)

その他・大賞
・ビジュアル アンリアルトーナメント2007 (ミッドウェイ)
・トレイラー メタルギアソリッド4 (PS3/コナミ)
・オリジナル エレクトロプランクトン(DS/任天堂)
・ゲーム・オブ・ザ・ショウ ゼルダの伝説〜黄昏の姫(GC/任天堂)

今年は日本勢が頑張りましたね。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

    任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

    【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

  4. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  5. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  6. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  7. ゲオ、「PS VR」を10月29日(土)追加販売へ―32店舗で

  8. 【BitSummit】ValveによるSteam基調講演、Steamと開発者の利益配分などリアルな質問も

  9. ONE-UPが取り組んだ初のクライアント型オンラインRPG『RPG三国志』について聞きました

  10. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

アクセスランキングをもっと見る