人生にゲームをプラスするメディア

E3閉幕、参加人数は過去最大の70000人

ゲームビジネス その他

E3を主催するEntertainment Software Association(ESA―日本のCESAに当たる)は2005年のE3の全日程を無事に終えることが出来たと発表しました。今年も最も巨大で騒がしく注目を浴びる展示会は健在で、4日間の期間中に世界中から過去最大となる70000人以上が参加しました。

ロサンゼルスコンベンションセンターの547,000平方フィートにものぼる広大なスペースに5000本以上のゲームが集いました。これらのうち20%は今回のショーで初めて公開されたもので、うち80%が今年のホリデーシーズンまでに店頭に並ぶことになります。

「E3は常に新製品を売り出し、業界を形作る革新的な製品が生まれる場でした。今年もE3は何千フィートの会場の中で、新製品を披露し、横の繋がりを提供し、ゲーム業界の更なる進歩を示しました」とESA代表のDoug Lowenstein氏はコメントしています。

今年のE3は核となるゲームが少なく期待外れだったという声もあるようですが、次の世代を担う新ハードが登場した年として記憶されることでしょう。来年のE3は2006年5月10日〜12日に、今年と同じくロサンゼルスのコンベンションセンターにて開催されます。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

    ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

  2. 社内コンテストから始まった『夢王国と眠れる100人の王子様』――開発までの経緯をプロデューサーが語るセミナー開催

    社内コンテストから始まった『夢王国と眠れる100人の王子様』――開発までの経緯をプロデューサーが語るセミナー開催

  3. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  4. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  5. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  6. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  7. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  8. ゲーム業界の「縁の下の力持ち」トーセが開発体制を改革 ― 時代に適応した事業体制の見直しと新事業部創設

  9. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  10. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

アクセスランキングをもっと見る