人生にゲームをプラスするメディア

今度はサッカーだ! 『スーパーマリオストライカーズ』

任天堂 GC

マリオの活躍は留まる事を知りません。新しい挑戦はサッカーです。任天堂はE3で『スーパーマリオストライカーズ(仮称)』を発表しました。GameSpotとIGNのインプレッションからゲームを紹介します。

今回のE3に展示されていたデモには、「Grudge Match」・「Battle Mode」・「Super Battle Mode」・「Custom Battle」・「Spoils」の5つのモードが表示されていたそうですが、実際に体験できたのは「Grudge Match」のみだそうです。これは通常のサッカーの試合を行うモードです。

まずプレイヤーはチームのキャプテンを決めます(『マリオベースボール』と同様に)。キャプテンはチームのまとめ役であると同時に、非常に強力なスペシャルシュートを放つ能力を得ます。この能力はキャプテンにするキャラクターによって異なってくるそうです。

操作は至って簡単です。コントロールスティックでプレイヤーを移動させ、Aボタンでボールを蹴り(ディフェンス時は別のプレイヤーの選択も)、Bボタンでシュートを決めます。他のボタンはフェイントをかけたり、ボールを持ったプレイヤーに滑り込んだり、チップショットやロングパスを上げるのに使うようです。

しかしゲームの内容は単純ではありません。特に対人戦では様々な要素が絡み合い、勝利にはスキルが要求されます。例えばチャージ・ショットです。もしシュートを打つ際に数秒間の余裕があれば、プレイヤーはBボタンを押しっぱなしにすることでより強力なショットを放つことが出来ます。キャプテンも強力なショットを持っていて、例えばドンキーコングはボールをゴールに腕で叩き込む能力があります(普通のサッカーだったらもちろん反則です)。

これらの強力なシュートは受け止めるのが非常に難しく、たとえキーパーがなんとか止めたとしても数秒間は立ち直ることができないくらいの強さだそうです。なので、このようなショットを打たさないような戦力が必要になってきそうです。プレイヤーは『マリオカート』と同じように、最大3つまでのアイテムを持っておくことが出来て、赤甲羅はフィールド上を走り回り、ワンワンはプレイヤーを噛み付きにいくそうです。

GameSpotはゲームは非常に簡単な操作で直ぐに楽しむことが出来る、「新しいお気に入り」になるかもしれないと評しています。発売日などは未定ですが、早く発売されることを期待したいですね。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

    盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

  2. 任天堂「ニンテンドースイッチ」の発売日やスペック、対応ソフトは?―現時点の情報まとめ

    任天堂「ニンテンドースイッチ」の発売日やスペック、対応ソフトは?―現時点の情報まとめ

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. ニンテンドースイッチの開発環境について「移植は1年以内で可能」とコメント…次世代の携帯型ゲーム機は「常に考え続けています」

  5. 『スプラトゥーン2』クラゲはスケボーがうまい!?街中の1シーンが公開

  6. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  7. 盲目のゲーマー、約4年半費やし『ゼルダの伝説 時のオカリナ』をクリア…「長い道のりだったけどようやくゴールできました」

  8. 『1-2-Switch』新情報公開―20人規模で楽しめる「チームマッチ」とは?

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 人気サンドボックス『マインクラフト』ニンテンドースイッチ版が発売決定!

アクセスランキングをもっと見る