人生にゲームをプラスするメディア

任天堂がアナリスト向けにブリーフィングを実施

ゲームビジネス その他

任天堂はロサンゼルス市内のビルトモアホテルに証券アナリストを招いてE3のブリーフィングを開催しました。任天堂オブアメリカの上級副社長George Harrison氏、Reggie Fils-Aime氏、そして広報担当のPerrin Kaplan氏が参加しました。

George Harrison氏は次世代でも任天堂は次世代のゲームを作るのであって、マルチメディア機器としてソニーやマイクロソフトと直接競争する意思はないとしてブリーフィングを始めました。ある程度までリビングのコーナーを譲り、次世代機の開発コストを削減してゲーム開発やマーケティングにより多くのリソースを咲くべきだ、としました。

任天堂の一つの焦点はワイヤレス・コネクティビティとネットワークがゲームプレイの壁を破ることです。任天堂は無料でWi-Fiネットワークサービスを提供する予定で、現在幾つかのパートナーと全国にホットスポットを設置する為に交渉を行っているそうです。

昨年末に発売したニンテンドーDSは非常に強い関心を受けていて、Harrison氏によれば現在までにPSPの倍にあたる500万台が販売されているそうです。また流行のタイトルは『nintendogs』で日本では40万本以上が売れて、そのうちの1/4は新規にDSを購入したユーザーだそうです。

次にゲームボーイミクロについて話が移りました。Harrison氏は、これがどのくらい小さいかどうか参加者に持ってみせて、「iPod miniの2/3のサイズ」と説明しました。また、この小ささとデザインの良さで「ファッション・アイテム」のようになってくれれば理想的だ、と話しました。

次にステージに上がったReggie Fils-Aime氏はアナリストが好む年末までの見通しを明らかにしました。任天堂はホリデーシーズンに発売する『ゼルダの伝説 黄昏の姫』と、秋に発売する『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』に大きな期待をかけています。

Fils-Aime氏は最後に「レボリューション」で提供される、ファミコン以来の任天堂の巨大なライブラリについて説明しました。任天堂はこれらのIPを保護する為に非常に積極的に動いてきて、次世代ではこのリターンの一部を享受できるようになるとしました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  2. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  3. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

    グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  4. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  5. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  6. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  7. 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

  8. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  9. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  10. スマフォゲームは「カジュアルゲーム」から「ミッドコアゲーム」へーGREE Korea担当者インタビュー

アクセスランキングをもっと見る