人生にゲームをプラスするメディア

Wi-Fiサービスに対応のタイトルが明らかに―サードのタイトルも多数

任天堂 DS

任天堂はメディアブリーフィングの中で自社のWi-Fi対応タイトルとして『マリオカートDS』と『どうぶつの森DS』を示しましたが、Nintedo.comではサードパーティ製のWi-Fiに対応したニンテンドーDS向けタイトルのリストが掲載されています。

「Nintendo Wi-Fi Connection(サービス名)は500万人のニンテンドーDSオーナーが既に世界におり、それは日々成長しています。サービスは、全ての人が任天堂ゲームで簡単に準備でき追加の費用の発生しないワイヤレス接続でゲームプレイを楽しむことを可能にします」とGeorge Harrison氏はコメントしています。

以下は任天堂とサードパーティが開発しているWi-Fiに対応したゲームです。メディアブリーフィングでは『FFCC』はレボリューション向けという話でしたがDSでも発売されるということなのでしょうか。フロムの『天誅』やコナミの小島監督作品なんかもありますね。

・アクティビジョン トニー・ホーク(仮称)
・アタリ 未定
・バンダイ 機動戦士ガンダム(仮称)、デジモンワールド(仮称)
・バンプレスト 未定
・ブエナビスタ 未定
・カプコン 未定
・エレクトロニック・アーツ 未定
・フロムソフトウェア 天誅DS(仮称)
・ハドソン ボンバーマン(仮称)、桃太郎電鉄ワールド(仮称)
・コーエー 真・三国無双(仮称)
・コナミ 小島監督プロデュース作品、ワールドサッカーウイニングイレブンシリーズ、実況ワワフルプロ野球シリーズ(仮称)、キャッスルヴァニアシリーズ(仮称)
・Majesco 未定
・マーベラスインタラクティブ 牧場物語シリーズ(仮称)、Rune Factory(仮称)、Contact(仮称)、リアルタイムストラテジ(仮称)
・Mastiff (未定)
・任天堂 どうぶつの森DS、マリオカートDS、他多数開発中
・ナムコ 新RPG(未定)
・セガ 未定
・スパイク プロフェッショナル・レスリング(仮称)
・タイトー 未定
・テイクツー 未定
・テレゲームス 未定
・ユービーアイソフト 未定
・ビベンディ 未定

未定のパブリッシャーも多いですが、結構開発中のタイトルは多い印象です。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  3. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

    『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  4. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  5. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  6. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  7. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  8. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  9. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  10. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

アクセスランキングをもっと見る