人生にゲームをプラスするメディア

E3にコンパニオンは不要!?「Anti Booth Babes」キャンペーン

ゲームビジネス その他

東京ゲームショウでもお馴染み、各社のブースにいるコンパニオン達。E3にももちろん、より派手に過激な衣装のコンパニオンが居ます。あちらでは「Booth Babe」と呼ぶそうですが、米国のデベロッパー/パブリッシャーのAgetecは、ゲームを見る邪魔になるBooth Babeを追放しようと「Anti Booth Babes」キャンペーンを始めました。

Agetecではantiboothbabes.comをオープンして他の会社にも賛同するように呼びかけています。もちろん今年のAgetecブースにはBooth Babeは居らず、変わりに「魅力のない(失礼な)女性を10人雇う」そうです。更に同社はメディアにロゴの入った「おばあちゃんのパンティー」を配布するので、取材日を教えて欲しいと書いています。

サイトではキャンペーンのロゴ入りTシャツプレゼントの募集もされています。

「Anti Booth Babes」キャンペーンは冗談にしても、あまりそればかりに注目が行くのはどうかと思いますね。確かにイベントの華ではありますが。
《土本学》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  5. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  6. VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

  7. スマホ向けVRコントローラー「Vroom Project」Kickstarterページに登場―Unity対応の開発環境が用意

  8. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  9. ムームー森川幸人氏が語る、ゲーム作りで「やっちゃいけないこと」

  10. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top