人生にゲームをプラスするメディア

E3にコンパニオンは不要!?「Anti Booth Babes」キャンペーン

ゲームビジネス その他

東京ゲームショウでもお馴染み、各社のブースにいるコンパニオン達。E3にももちろん、より派手に過激な衣装のコンパニオンが居ます。あちらでは「Booth Babe」と呼ぶそうですが、米国のデベロッパー/パブリッシャーのAgetecは、ゲームを見る邪魔になるBooth Babeを追放しようと「Anti Booth Babes」キャンペーンを始めました。

Agetecではantiboothbabes.comをオープンして他の会社にも賛同するように呼びかけています。もちろん今年のAgetecブースにはBooth Babeは居らず、変わりに「魅力のない(失礼な)女性を10人雇う」そうです。更に同社はメディアにロゴの入った「おばあちゃんのパンティー」を配布するので、取材日を教えて欲しいと書いています。

サイトではキャンペーンのロゴ入りTシャツプレゼントの募集もされています。

「Anti Booth Babes」キャンペーンは冗談にしても、あまりそればかりに注目が行くのはどうかと思いますね。確かにイベントの華ではありますが。
《土本学》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  4. ポケモンUSAの社長が交代

  5. ガンホー、平成25年12月期決算を発表 ― 売上高が前年同期と比べ大幅に増加する見通

  6. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

  9. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  10. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

アクセスランキングをもっと見る