人生にゲームをプラスするメディア

セガがE3出展タイトルを発表

ゲームビジネス その他

セガオブアメリカは18日から開幕するE3への出展タイトルを発表しました。Xbox 360向けに開発されている2タイトルを含めて、多数のタイトルが展示される予定です。

セガオブアメリカのScott A. Steinberg副社長は「強力な開発チームと興奮のプレイアブルラインナップに支えられて、セガは新しいハードウェアサイクルでリーダーシップを取ります。そして2005年を通して、現行機種では新しいIPや最も確立されたフランチャイズがセガの強力ラインナップを支えます」と述べています。

・Condemned: Criminal Origins (Xbox 360)
・Full Auto (Xbox 360)
・ガンスター・スーパー・ヒーローズ (GBA)
・NHLイーストサイドホッケーマネージャー (PC)
・ファンタシースターユニバース (PC/PS2)
・シャドウ・ザ・ヘッジホッグ (GC/PS2/Xbox)
・シャイニングフォース・ネオ (PS2)
・Spartan: Total Warrior (GC/PS2/Xbox)
・バーチャテニス ワールドツアー (PSP)
・ワールドワイドサッカーマネージャー (PC)

『ソニック』がありませんね。間違いなく『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ』以外にも登場してくると思われますが。『ガンスター・スーパー・ヒーローズ』はメガドライブで発売されたトレジャーの名作の続編だと思われます。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 【CEDEC 2014】『艦これ』「Unreal Engine 4」「Softimage」「PS4シェア」など今年のCEDECアワードが発表

  5. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  8. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  9. 中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

  10. ゲーム業界で過去に例をみない4社合同新人研修とは?

アクセスランキングをもっと見る