人生にゲームをプラスするメディア

タイトーが海外タイトルを強化―DS『アスファルトアーバンGT』も

ゲームビジネス その他

タイトーは2005年3月期決算の説明資料にて海外タイトルのローカライズを強化する方針を明らかにしました。これまでも『ファインディングニモ』などを発売していますが、スタッフを増員していくようです。海外ではユービーアイソフトが発売したニンテンドーDS向け『アスファルトアーバンGT』もタイトーから発売されることが決定しています。

タイトーが発表した5月10日に発表した2005年3月期決算は、売上高が845億6000万円、営業利益が29億7000万円、以上利益は28億7500万円、純利益が17億1800万円となりました。業務用ゲーム機の販売が好調でしたが、家庭用向けゲームや業務用施設での不振で利益半減となりました。

今後の家庭用向けゲーム開発では市場拡大が期待できるニンテンドーDSとPSPそして今後登場予定の次世代機に開発プラットフォームを絞ると同時に開発期間の短縮による開発コストとリスクの低減を図っていきます。開発人員も1/3を業務用ソフト開発及び携帯コンテンツ開発に向けます。

これまでも『ファインディングニモ』や『スパイダーマン』で行ってきたように海外作品のローカライズや、PC作品の移植などを強化して製品ラインナップの拡大も行います。これには専門のスタッフを10名置くそうです。海外市場の開拓も進め、欧州では直販体制を作り、米国ではライセンスの強化をするとのことです。

海外ではユービーアイソフトから発売されたニンテンドーDS向けの『アスファルトアーバンGT』もタイトーから発売されることが決定しています。ローカライズ強化の一環でしょうか。発売は6月30日です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

    VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

  3. 品切れ中の「PS VR」一部店舗で追加販売予約はじまる

    品切れ中の「PS VR」一部店舗で追加販売予約はじまる

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  6. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  7. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  8. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  9. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

  10. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top