人生にゲームをプラスするメディア

任天堂マガジン5月号が公開『FE』と『タワー』

ゲームビジネス その他

任天堂の公式サイトで連載されている「任天堂オンラインマガジン(NOM)」の最新号が公開されました。今回は、発売されたばかりの『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』と『ザ・タワーSP』の開発者へのインタビューとプレイレポートが掲載されています。

『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』では開発元のインテリジェントシステムズの成広プロデューサーをはじめとした開発陣と任天堂でスーパーバイザーを務めた西村氏が登場しています。任天堂からは「ユーザーさんの8割が普通にクリアーできるように」というお願いがあったそうです。

『タワー』ではビバリウムの斎藤氏と任天堂の大澤氏の2人です。ビバリウムの社名の由来は「閉鎖した生態系を作る」だそうですが、このゲームは正にそれで、多くの人の生きるビルをまるごとマネジメントするゲームです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  2. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

    VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  3. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  4. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  5. 【レポート】さらに進化した『サマーレッスン』をプレイ!ヤバさがかなり増しています。情報量が凄いです。彼女は本当に、そこにいました。

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. 稲船氏によるゲーム企画体験会&comceptインターンシップ選考会がヒューマンアカデミー校で実施

  8. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  9. 【CEDEC 2010】「意見の9割は“つまらない”というものだった」-大ヒット作『怪盗ロワイヤル』開発秘話

  10. 『スペースチャンネル5』復活にも一役買う、KDDIの複数人参加型VRデモコンテンツ「Linked-door」とは

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top