人生にゲームをプラスするメディア

【月刊ニンテンドーゲームフロント】第2回 『ぶらぶらドンキー』『ボンバーマン』『マリオでダンク』レポート

ゲームビジネス その他

お待ちかねというほどでもない「月刊ゲームフロント」の第2回です。今回は、今月新しく展示されたソフトのプレイレポートをしたいと思います。『ぶらぶらドンキー』『ボンバーマン』『マリオでダンク』の3本です。

展示ソフトリスト(展示期間:2005年4月23日〜5月21日)
(太字が今月新しく出展されたソフト)

ニンテンドーDS
・『タッチ!カービィ』
・『役満DS』
・『パックピクス』
・『メテオス』
・『NARUTO−ナルト−最強忍者大結集3 for DS』
『ボンバーマン』
ニンテンドーゲームキューブ
・『ドンキーコング3 食べ放題!春もぎたて50曲』
・『ONE PIECE グラバト!RUSH』
・『金色のガッシュベル!!友情タッグバトル2』
『NBAストリートV3 マリオでダンク』
ゲームボーイアドバンス
『ぶらぶらドンキー』
・『プレイやん』
・『ロックマン ゼロ4』
・『真・三國無双アドバンス』

〜ソフトレポート〜

『ぶらぶらドンキー』(ゲームボーイアドバンス)
任天堂お得意の「新感覚」のアクションゲームです。『ジャングルビート』に続いて、変り種の2Dタイプドンキーコングとなります。

操作は単純、L/Rボタンがドンキーの右/左手に対応し、押すと手でつかみ、押さないと手を離します。これを使って、取っ手から取っ手へ渡り進んで行くゲームです。L/R同時押し(溜め)で、突進してアタックします。ドンキーシリーズおなじみのバナナも健在です。バナナは、A/Bボタンで、"ライフ回復"(バナナ10個消費)・"無敵"(バナナ20個消費)といったことに使用できます。

ゲーム性上の問題で、一度落ちてしまうと復帰するのがつらかったり、取っ手がない方向にとんで行ってしまったときにじれったく感じる事等、ストレスは多少ありました。ですが、L/Rボタンを用いた操作系統はなかなか完成されていて、安心してプレイすることができました。コースにも、回転させて発動するスイッチやつかんで投げられる石などのさまざまな仕掛けがあり、"単調なコースばかりでは"という不安は消えました。

コースはマップ制で、はじめのエリアには4コースほど+ボス戦となっていました。感覚的には『スーパードンキーコング』に近いですね。世界観も『スーパードンキーコング』シリーズをきちんと踏まえているのは好印象です。相変わらずジンガーはうざいです。

メインとなる「アドベンチャーモード」以外にも、多人数プレイもできる「ジャングルピック」というモードがあり、公式サイト曰く ”ぶらぶらアクションを利用した様々な競技を楽しむことができる”ようです。なかなか盛りだくさんの内容となっているのではないでしょうか。

『ぶらぶらドンキー』は5月19日発売予定で、価格は3800(税込)となっています。

『ボンバーマン』(ニンテンドーDS)
1人プレイヤーモードと、マルチプレイヤーモードの2つがプレイできるようになっていましたが、『ボンバーマン』ができるのが1台だけなので、結局1人プレイヤーモードを遊んできました。

基本的なプレイ感覚は、十字キーとABボタンを使ういつものボンバーマンです。上画面がプレイフィールドとなっています。下画面はアイテムストック画面となっていて、爆弾や火力などのアイテムを拾ったとき、すぐに効力が発揮されず、下画面にストックされます。ストックされているアイテムにタッチすると、アイテムの効力が発揮されるようになっています。このシステムはシリーズ中このDS版が初なのでしょうか。

印象としては「いつものやつにちょこっとアレンジしてみました」という感じです。対戦プレイは(もちろん無線で)最大8人までプレイ可能だそうですので、DSで対戦ゲームの定番がほしい方に。

『ボンバーマン』は5月19日発売予定で、価格は5040円(税込)となっています。


『NBAストリートV3 マリオでダンク』(ゲームキューブ)
マリオをはじめとするおなじみの面子が、でかい男に混じってバスケットボールをやっている姿はあまりにシュール。某国のお姫様が豪快にダンクを決める姿には唖然を通り越して笑ってしまいました。基本は『NBAストリート』のバスケットゲームなので、プレイ感覚は悪くないと思いますが、あくまでマリオはおまけ程度でしょう。しかしこのシュールさは一見の価値はある・・・かもしれません。

『NBAストリートV3 マリオでダンク』は5月26日発売予定で、価格は6,090 円(税込)となっています。


以上、ソフトのプレイレポートでした。次回以後、ニンテンドーゲームフロント以外のパナソニックセンターの展示物もレポートしたいと思います。ではまた来月。

関連リンク
http://www.nintendo.co.jp/n10/gamefron/(ニンテンドーゲームフロント公式)
http://panasonic.co.jp/center/tokyo/story/index.html(パナソニックセンター東京)
《OKOK》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

    【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  2. TPSの形をした日本的アクションの最新形態『VANQUISH』稲葉敦志プロデューサーに聞く・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第11回

    TPSの形をした日本的アクションの最新形態『VANQUISH』稲葉敦志プロデューサーに聞く・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第11回

  3. HTC Vive対応ラーメン屋シム『カウンターファイト』が近日配信!―VRで手軽に湯切りや泥棒退治

    HTC Vive対応ラーメン屋シム『カウンターファイト』が近日配信!―VRで手軽に湯切りや泥棒退治

  4. 『絶体絶命都市』が再始動!2015年秋には、開発中止となった『4』の情報も

  5. 『戦艦大和VR復元計画』リリース日決定!ついに“実物大の大和”に乗れる

  6. バンナムの巨大ロボVR『アーガイルシフト』豪華スタッフ陣が公開!原田勝弘、Production I.G、柳瀬敬之など

  7. 「まどマギ」などのゲームを開発していたネクストリーの破産開始が決定

  8. 昇竜拳で車を労るリュウ!『ストリートファイター II』がトヨタの“C-HR”との特別ムービー公開

  9. カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち

  10. 稲葉敦志と神谷英樹が語るプラチナ流開発、新作ゲーム開発スタッフを積極募集中

アクセスランキングをもっと見る