人生にゲームをプラスするメディア

米大手小売店GameStopがEBGamesを買収

ゲームビジネス その他

米国の大手ゲームショップであるGameStopは、同じく大手のElectronics Boutique(ショップブランド:EBGames)を買収する事で合意したと発表しました。買収金額は株式交換と現金を組み合わせて、約14億4000万ドル(約1550億円)と推測されます。

合併会社はGameStopのブランドを継続し、米国内に3200店、海外にも600店舗を構える米国最大のゲームショップとなります。年間利益は32億ドルに達すると見込まれます。この発表を受けて両社の株価はそれぞれ十数パーセント上昇しており、好意的に受け止められているようです。

GameStopの会長兼CEOのRichard Fontaine氏は「これは私たちの顧客、株主にとって最高の結果です。この買収は厳しさを増す国内での競争を勝ち抜き、海外でも新しい国際市場に参入する為の重要なステップです」と述べています。

両社の取締役会は既にこれを承認していますが、今後EBGamesの株主がどう判断するかが注目されます。また、大きなシェアを持つことになるため、司法省の承認が必要になるかもしれません。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

    ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  6. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  7. 【フェスティバル・オブ・ゲームス】ゲームブックから『トゥームレイダー』まで、ゲームデザインの巨匠が語る

  8. 【オールゲームニッポン】ゲームプロデューサー安田善巳氏とゲームアナリスト平林久和氏による"ゆるーい"対談はじまります(第1回)

  9. 【GTMF 2014】Havok Destructionがバージョンアップ! 大量の破片が飛び散る、次世代の破壊表現とは?

  10. 【海外の声】「PS VR」を遂に購入したゲーマーの反応は?

アクセスランキングをもっと見る