人生にゲームをプラスするメディア

『ハリーポッターと炎のゴブレット』が発売決定

ゲームビジネス その他

エレクトロニック・アーツとワーナーブロスは人気小説「ハリーポッターシリーズ」の第4章「ハリーポッターと炎のゴブレット」をゲーム化し、2005年11月に米国市場で発売すると発表しました。プラットフォームはGC/DS/GBA/PS2/PSP/Xbox/PCの各機種です。

EAUKのHarvey Elliott氏は「本作は私達が制作する5番目のハリーポッターで、私達のチームが生み出した新鮮で革新的なゲームプレイにとても興奮しています。映画への非常に高い期待とワーナーブロスとの良好な関係によって、私達は映画や本を補足する素晴らしいゲームを作ることができました」と述べています。

国内での発売は不明ですが、恐らく発売されるでしょう。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

    ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  4. 「管コレ」を手かげるマッドサイエンティストJHに突撃インタビュー!その思想と原点を訊いた(前編)

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  7. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  8. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  9. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  10. エンタテイメント業界の重鎮が語る多様化の時代に求められるコンテンツ像とは? (3)

アクセスランキングをもっと見る