人生にゲームをプラスするメディア

ビベンディ『クラッシュ タッグ チーム レーシング』発表

ゲームビジネス その他

ビベンディ・ユニバーサル・ゲームスはゲームキューブ、PS2、Xbox、ニンテンドーDS向けに『クラッシュ タッグ チーム レーシング』を発表しました。これはPS2で発売された『クラッシュ チーム レーシング』の続編となります。米国での発売は2005年秋の予定です。

ゲームは自らの足でも走るレースゲームで、巨大な武器を積んだマシンを拡張しながらレースを勝ち抜いていきます。開発元はRadical Entertainment(ニンテンドーDS版はSensory Sweep)です。

RadicalのIan Wilkinson社長は「クラッシュバンディクーのファンに新たな体験を提供できることをとても興奮しています。Radicalは『ザ・シンプソンズ ヒット&ラン』で乗り物ゲームの革新を実現し、今回再び才能を示すでしょう」とコメントしています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「Zwei」(ツヴァイ)を発表したTango Gameworks、三上真司氏に聞く新作やZeniMaxとのゲーム作り

    「Zwei」(ツヴァイ)を発表したTango Gameworks、三上真司氏に聞く新作やZeniMaxとのゲーム作り

  2. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

    【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  3. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

    Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

  4. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  5. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  6. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  7. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  8. セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

  9. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  10. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

アクセスランキングをもっと見る