人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、業績好調で増配決定

ゲームビジネス その他

任天堂は6日、平成17年度3月期(〜17年3月31日)の業績予想を上方修正しました。修正後の連結での経常利益は1400億円(修正前:1200億円)、当期純利益は820億円(同:700億円)となっています。修正の理由は、当初の予定より大幅に円安で推移し為替差益が発生したためとしています。

また、任天堂は配当金を一株辺り140円〜270円で配当性向50%(=利益の半分を株主に配当する)の範囲で配当を行うことを明らかにしていましたが、今回の上方修正で一株辺りの純利益が540円を超えることが明らかになったため、上限一杯の270円を配当するとしました。

任天堂は多額の現金を保有していて、増配を求める声がありました。前期と比較すると120円の増配となります。これにより、株価を上昇させ、敵対的な買収に備える狙いもあるものと思われます。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

    任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  2. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  3. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  4. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

  5. セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  8. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  9. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  10. ゲオ、「PS VR」を10月29日(土)追加販売へ―32店舗で

アクセスランキングをもっと見る