人生にゲームをプラスするメディア

小倉百人一首文化財団、時雨殿の設計構想を明らかに

ゲームビジネス その他

任天堂相談役の山内溥氏が理事長を務める小倉百人一首文化財団の小倉百人一首プロジェクトは、記念殿堂時雨殿の設備構想を発表しました。内部施設は任天堂が手掛けて、世界的なソフト力や映像・音声技術による「デジタル百人一首」の世界を実現します。

小倉百人一首プロジェクトは京都商工会議所の120周年記念事業として進められているもので、時雨殿は昨秋に保津川沿いに着工し、今年10月にオープン予定の鉄筋コンクリート2階建ての建物になります。建設費の8億円は山内氏が負担しました。

1階の展示室350平方メートルの中心には45インチの大型液晶70台を縦横70メートルにわたって敷き詰めて、CGを駆使した京都市中心部の現在と平安時代の様子が映し出されて、京都の空を歩くような感覚が楽しめるそうです。

入場者には専用端末が貸し出され、無線通信で画面上で歌人ゆかりの地の表示します。画像による歌人とかるたとりの対戦やクイズなどができるゲーム台も設置されるとのこと。任天堂の宮本茂情報開発本部長は「これまでに経験したことがない百人一首の世界を作り出したい」と話しています。

何だか面白そうではある。専用端末はDSをベースにしたものなのだろうか。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』

    年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』

  2. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  3. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

    横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  4. ムームー森川幸人氏が語る、ゲーム作りで「やっちゃいけないこと」

  5. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  6. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  7. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  8. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  9. 「PlayStation VR」3月末より一部店舗と通販サイトで追加販売へ

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る