人生にゲームをプラスするメディア

【月刊ニンテンドーゲームフロント】第1回 2005年3月

ゲームビジネス その他

いつの間にか「東京」が尻尾についていたパナソニックセンター東京の中にある「ニンテンドーゲームフロント」の展示内容を毎月紹介します。担当はOKOKほか、首都圏スタッフ(?)です。

ニンテンドーゲームフロントは、東京・有明の「パナソニックセンター東京」(りんかい線「国際展示場」すぐ目の前)内に位置しており、たくさんのゲームソフトを体験できるスペースとなっています。りんかい線の国際展示場駅を出てすぐ目の前にあります一足先に最新タイトルを体験できることもあり、たとえば、去年の3月には、GC『ゼルダの伝説:4つの剣+』が発売より前に体験できたことがあります。

ゲームフロントは、約1ヶ月ごとに展示されているタイトルが変わるので、これから毎月ゲームフロントの展示内容をレポートしていきたいと思います。今回はその第1回目です。

ゲームフロント展示スペース配置図



[1]エントランス
大きなマリオ像があり、記念写真用の場所となっています。訪れた際にはぜひ記念写真を。

[2]ソフト体験コーナー(ニンテンドーDS)
計6台のNintendoDSが設置されており、それぞれ以下のタイトル(おそらくすべて製品版でなく体験版)を遊ぶことが出来ます。
・『アナザーコード』
・『タッチ!カービィ』
・『役満DS』
・『パックピクス』
・『メテオス』
・『NARUTO−ナルト−最強忍者大結集3 for DS』
すでに発売されたタイトルも多いですが、(記憶が定かではないのですが)『NARUTO』はこのゲームフロントでしか体験できないのではないかと思います。ところどころタッチスクリーンを使用するようですが、基本的にはGBAでの前二作と同じように、十字キーを使ってのアクションを主体としたゲームとなっています。発売は4月21日とまだ先なので、一足先に体験したいという方はゲームフロントに訪れてみてください。

[3]ソフト体験コーナー(ゲームキューブ)
GCコーナーは、基本的に対戦ゲームがメインのつくりになっています。各ゲームコントローラーがきちんと4つ用意されており、人数がそろえばすぐに対戦が出来る環境で、子供たちが楽しそうに対戦している姿も見受けられました。体験できるゲームは以下の3つ。
・『スターフォックス アサルト』
・『ONE PIECE グラバト!RUSH』
・『金色のガッシュベル!!友情タッグバトル2』

[4]ゲームシアター
ホームシアターシステムを使った大画面でゲームがプレイできます。プレイできるのは『ドンキーコング3 食べ放題!春もぎたて50曲』の体験版です。(大画面でプレイするべきゲームかどうかは疑問に思いますが)気持ちよくタルをたたけます。

[5]ソフト体験コーナー(ゲームボーイアドバンス)
GBAコーナーでは、以下の3つのタイトルを遊べます。
・『千年家族』
・『ロックマン ゼロ4』
・『真・三國無双アドバンス』
GBA(SP含め)を使用しているのでなく、液晶モニタでプレイできるので、GCGBAプレーヤを使っているようです。

上記のソフトの展示期間は、4月23日までとなっています。4月24日以降の展示ソフトについては、また今度レポートしたいと思います。

休日に行ったせいか、意外と人が多くおり、親子連れの方もかなりいらっしゃるようだったのが印象に残っています。「パナソニックセンター」では、ここゲームフロント以外にも、デジタル技術などの最新の技術をテーマにしたさまざまな展示物があります。有明方面に出向くことがある際には、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


関連リンク
http://www.nintendo.co.jp/n10/gamefron/(ニンテンドーゲームフロント公式)
http://panasonic.co.jp/center/tokyo/story/index.html(パナソニックセンター東京)
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

    言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

  2. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  3. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  4. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  5. 【TGS2016】目線でロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』で敵をなぎ払ってみた

  6. アンリアル・エンジン4に採用された物理ベースのマテリアル・システム・・・「Unreal Japan News」第72回

  7. 日活『刺青の国』キノコホテルが歌う主題歌「流浪ギャンブル」の先行配信開始

  8. VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

  9. 【G-STAR 2016】VRシューティングゲームを上下左右に動く大型筐体でプレイ、縦の動きに恐怖を感じる

  10. ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

アクセスランキングをもっと見る