人生にゲームをプラスするメディア

NBAは5社にライセンスを付与

ゲームビジネス その他

米プロバスケットボール協会(NBA)は、EAスポーツ、テイク・ツー・インタラクティブ、ミッドウェイ、ソニー、アタリの5社に今後もNBAタイトルを開発/発売する今後数年間のライセンスを付与することを決定したと発表しました。昨年末から続いたスポーツライセンス獲得競争は、NFLはEAが、MLBはテイク・ツーが、NBAは各社が得ることとなりました。

発表によれば、通常のゲームはEAスポーツ、テイク・ツー・インタラクティブ、ソニーの各社が今後も毎年発売していきます。ストリートを舞台にした3on3のゲームに関しては、アタリの『バックヤード』シリーズは毎年発売、ミッドウェイの『NBAポーラー』とEAの『NBAストリート』は隔年で発売されることになります。

NBAグローバルマーチャンダイジンググループ上級副社長のSal LaRocca氏は今回の取引について「最高のビデオゲームを求める中で、私達の信じるカテゴリは競争によって強化できると考え、各社にそれを促進する燃料を補給した」とコメントしました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

    VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  4. 「PlayStation VR」3月末より一部店舗と通販サイトで追加販売へ

  5. マイクロソフトが『マインクラフト』で人工知能の学習能力を研究、今夏オープンソースで公開予定

  6. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  7. ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

  8. PlayStation Vita版ならではの機能も盛り沢山!『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』

  9. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  10. 【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る