人生にゲームをプラスするメディア

今年のE3は過去最大規模、しかし展示スペースは既に売り切れ

ゲームビジネス その他

E3(Electronic Entertainment Expo)の代表者は過去最速のスピードで展示スペースが売り切れたことを明らかにしました。約5万平方メートルの敷地に2005年に発売される世界中のゲームエンターテイメントが集います。

ESA会長のDouglas Lowenstein氏は「E3 2005は次世代ハードと消費者が2005年のホリデーシーズンに得る最高のタイトルを提供し、グローバルなゲーム市場の創造性と技術革新の新世紀の入り口に立たせてくれるでしょう。2700ブロックの展示会場と87ヶ国から400の出展社が参加する、E3はエンターテイメントの惑星の最高の場所となるでしょう」と述べました。

今年のE3はブース展示が5月17日から、様々な教育セッションが18日から開始されます。既に過去11回のショーの中で最大規模となることが確定しています。今年は次世代機も登場してきて、例年以上に注目されるイベントとなりそうです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. サイバーエージェント、VR関連事業を行う子会社VR Agentを設立

    サイバーエージェント、VR関連事業を行う子会社VR Agentを設立

  3. ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

    ホラーゲーム「青鬼」テレビアニメ化決定!ショートアニメを皮切りに2017年には劇場版も

  4. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. ゲオ、「PS VR」を10月29日(土)追加販売へ―32店舗で

  7. UBI、単独イベント「UBIDAY2016」を11月開催!『ウォッチドッグス2』や『フォーオナー』出展

  8. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  9. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

  10. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top